メニュー

商品・サービス紹介/申込・購入

緊急開催! 注目の最高裁判決を一気に解説『同一労働同一賃金 最高裁判決を踏まえた実務対応_完全版』【半日】 ~最高裁判決の重要ポイントを完全整理し、実務に活かす~

ジャンル:人事・労務管理
開催日 2020年11月04日 (水)
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
時間 13時00分~16時00分 (開場12時30分)
通常価格 25,300円
WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格 22,000円
残席 あり
備考 ※こちらの講座は来場型集合研修になります
※WEBセミナーも同時開催しております
WEBセミナーのお申込みはこちらから

価格は税込です。


※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら
クレジットカード払いでのお申し込みは開催日の2ヶ月前からの受け付け開始となります。ご了承ください。

講師プロフィール

石嵜・山中総合法律事務所  弁護士 橘 大樹 氏

【略歴】
慶應義塾大学法学部法律学科卒業、一橋大学法科大学院卒業、司法試験合格後、司法修習を経て弁護士登録、石嵜・山中総合法律事務所に入所。労働法を専門分野とし、訴訟、労働審判、団体交渉、顧問企業からの法律相談のほか、各種講演・セミナーに活躍中。「同一労働同一賃金 法改正が目指す不合理な待遇差の禁止とは」(ビジネス法務)、『労働時間規制の基本と実務』(中央経済社)など多数。 

講座概要

ハマキョウレックス事件、長澤運輸事件(いずれも最高裁二小 平 30.6.1判決)で、労働契約法20条に定める不合理な格差禁止について一定の判断を示されましたが、その後に出された高裁判決(メトロコマース事件[退職金]、大阪医科薬科大学事件[賞与]、日本郵政事件[休暇、手当])は「不合理」の意味の再検討を促す内容となっており、その動向が注目されていました。そんな中、最高裁は2020年10月13日・15日に判決を言い渡し、正社員と非正社員の不合理な待遇の違いについて、統一判断を示すとみられます。
本講座では、最高裁判決の内容を踏まえ、企業としての実務対応について具体的に分かりやすく解説します。 

 

【本講座のポイント】

①注目される5件の最高裁判決の内容が理解できます 
②法解釈ならびに判例を踏まえた実務対応が整理できます 
③実務に落とし込み、自社で対応すべきポイントがわかります  

講座内容

発展講座群

 

緊急開催! 注目の最高裁判決を一気に解説 
『同一労働同一賃金 

   最高裁判決を踏まえた実務対応 完全版』 
~最高裁判決の重要ポイントを完全整理し、実務に活かす~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 同一労働同一賃金の基礎知識総まとめ 
1.パートタイム・有期雇用労働法
2.裁判例は「長期雇用」をどう位置付けていたか
3.同一労働同一賃金ガイドライン解説
4.実務運用はどうなったか 


Ⅱ 大阪医科薬科大学事件最高裁判決 
1.判決概要(アルバイトの賞与ほか)
2.判決の射程(実務に与える影響)
3.企業の実務対応をどうするか 


Ⅲ メトロコマース事件最高裁判決 
1.判決概要(契約社員の退職金ほか)
2.判決の射程(実務に与える影響)
3.企業の実務対応をどうするか 


Ⅳ 日本郵便事件(東京・大阪)最高裁判決 
1.判決概要(病気休暇、夏期冬期休暇、年末年始勤務手当、扶養手当ほか)
2.判決の射程(実務に与える影響)
3.企業の実務対応をどうするか 


Ⅴ 実務での対応 
1.基本給
2.賞与
3.退職金
4.各種手当
5.特別休暇
6.福利厚生 


Ⅵ 最高裁判決と今後の法・実務 
1.最高裁が取り上げなかった部分も重要!
2.パートタイム・有期雇用労働法の均等・均衡待遇と説明義務
3.行政実務はどのように動いていくか 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

お申込み・お問合わせ先

株式会社 労 務 行 政 カスタマーソリューション本部 人材育成事業部
TEL:03-3491-1330 FAX:03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21

ページの先頭へ戻る