メニュー

商品・サービス紹介/申込・購入

労政時報最新号 第4021 号[2021.09.24]発行情報メール

労政時報 最新号
  • 労政時報の特長
  • バックナンバー
  • 見本誌請求
  • WEB労政時報体験版
  • 定期購読の申込

【特集1】社宅管理の最新実態

社有社宅は18.8%が保有、借り上げ社宅制度は68.3%が導入

労務行政研究所

労務行政研究所では、2021年5~7月にかけて、5年ぶりに「独身寮・社宅に関する実態調査」を実施した。本記事では、その中から社宅の管理・運営に関する調査結果を紹介する。本調査では、社有社宅・借り上げ社宅について、入居資格条件や入居期限、転勤者に関する取り扱いのほか、間取り・広さ、使用料などについても尋ねている。なお、独身寮に関する調査結果は、前号(第4020号-21. 9.10)で掲載している。

 

【特集2】複線型人事制度

自律的な成長、キャリア形成を後押しする制度設計、運用の方向性

社内のさまざまな専門職人材を適切に評価・処遇し、育成していくため、管理職とは別に“プロフェッショナル”としての道を用意し、複線型の処遇体系とする企業がある。全員が管理職を目指すのではなく、社員がそれぞれに合ったキャリアパスを選択できる仕組みとして、複線型人事制度を検討するケースも少なくない。本特集では、社内人材の専門性を高めていくことを重視し、専門性の発揮、これに基づく組織への貢献度を適正に評価・処遇する人事制度を構築した3社に取材し、専門職人材をどう位置づけ、社員のキャリア形成にどうつなげるのか、各社の取り組みに迫った。後段では、野村総合研究所の内藤琢磨氏に、「複線型人事制度2.0」と題し、近年の人事制度の潮流を踏まえた制度設計について解説いただいた。

 

【特集3】メンタルヘルス判例研究シリーズ
産業医、弁護士から見た判断のポイントと対応の留意点(第30回)

日本漁船保険組合事件 (東京地裁 令 2. 8.27判決)

林 剛司 日立製作所 日立健康管理センタ センタ長/産業保健判例研究会

今回取り上げる裁判例は、Y組合に総合職として勤務しているXが、統合失調症による休職期間中、Y組合復職の申し出を2度行ったが、いずれも認められず、その後休職期間満了により退職扱いとされたことにつき、違法無効である旨訴えた事案である。判決では、Xの請求はいずれも理由がないとして棄却し、主治医等は復職可能と判断したものの、休職期間満了での退職扱いが有効とされた。

 

 

労働法ナビ

労働法ナビ
  • 労働法ナビの特長
  • 収録コンテンツ
  • 機能紹介
  • 14日間無料体験版
  • 利用申込

労働法データベースの決定版!

労働法規程集のベストセラー「労働法全書」を60年以上編集してきたノウハウを生かし、
「法令集」「通達集」「判例集」「労働基準法解説」「Q&A集」のデータベース化を実現!

情報収集の時間短縮!

キーワードで知りたい情報に加え、関連情報も一気に検索可能。

最新の法情報も確実に提供!

法改正関連の省令や告示、官報では紹介されていない施行通達まで、最新のニュースをタイムリーに掲載。

法情報の基礎もサポート!

「読めば役立つ基礎知識 法令編/判例編」で、知っておきたい基礎情報をわかりやすくまとめて掲載。

労働法ナビ バナー

労働法ナビ バナー

書籍一覧で見る

左送り
書籍をご購入
いただいたみなさまへ
ご購入特典ダウンロード集
重要なおしらせ
右送り

労政時報セミナー一覧で見る

左送り
右送り