メニュー

商品・サービス紹介/申込・購入

元厚生労働審議官が語る『これからの労働行政と企業の対応』

ジャンル:人事・労務管理
開催日 2020年02月17日 (月)
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
時間 15時00分~16時00分 (開場14時30分)
通常価格 5,500円
WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格 3,300円
残席 受付終了

価格は税込です。


※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら
クレジットカード払いでのお申し込みは開催日の2ヶ月前からの受け付け開始となります。ご了承ください。

講師プロフィール

元厚生労働審議官  宮川 晃 氏

【略歴・著書】
 1983年(昭58)東京大学法学部卒、同年旧労働省入省、2012年職業安定局派遣・有期労働対策部長、2014年 職業能力開発局長、2016年 総括審議官、2017年 雇用環境・均等局長、2018年 厚生労働審議官、2019年7月 厚生労働審議官を退官

講座概要

人事担当者にとって、予算案で示される方針や法律の改正動向は労働行政の行方を知る上で有用であり、今後の企業実務への影響を把握する上でも重要な情報です。例年8月末までに各省庁が次年度に必要な予算額を「概算要求」として財務省に提出し、その後に財務省と各省とが調整をして12月末の閣議決定で予算案が決まります(1月下旬に召集される通常国会で、この予算案を審議し、両院の本会議で可決されて、はじめて正式な予算となります)。予算案が決まると、厚生労働省の次年度の厚生労働行政の重点課題が見えてきます。
今回は、元厚生労働審議官の宮川 晃氏を講師に迎え特別講演を開催いたします。厚生労働審議官は事務次官に次ぐポストで、厚生労働省の重要な政策に関する事務を総括整理する役職です。当日は、宮川氏からこれまでの実務経験を踏まえ、今後の厚生労働省の施策と企業人事労務に与える影響や対応策について解説いただきます。 

 

 

講座内容

 

 

 元厚生労働審議官が語る  
『これからの労働行政と企業の対応』

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ.人事労務施策に関連する「令和2年度各部局の概算要求」の内容 
(1)労働基準局
  働き方改革による労働環境の整備、生産性向上の推進
(2)職業安定局
  高齢者、就職氷河期世代、女性等の多様な人材の活躍促進及び労働環境の整備
(3)雇用環境・均等局
  非正規雇用労働者の処遇改善、ハラスメント対策、女性活躍推進や均等処遇、
  仕事と家庭の両立の実現等働き方改革推進 


Ⅱ.令和2年1月の通常国会に提出される予定の労働関係法律の概要 
  改正高年齢者雇用安定法ほか 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

お申込み・お問合わせ先

株式会社 労 務 行 政 カスタマーソリューション本部 人材育成事業部
TEL:03-3491-1330 FAX:03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21

ページの先頭へ戻る

セミナー案内メール

労務行政eラーニング

マネジメントの基本、労務管理
ハラスメント対応、部下の育成
人事評価、残業削減など、
管理職が知っておくべき知識を網羅

詳しくはこちら

ログイン

ID(Email)
パスワード

ログイン

 

重要なお知らせ 購入特典