法改正にも対応!『年金の知識』WEBセミナー

セミナー概要

高齢化が進み、定年を迎える社員が急増する中で、シニア社員の活用はどの企業にとっても重要課題です。定年前後の説明会も然り、シニア社員の処遇制度の構築にも人事担当者の年金の知識が必要不可欠ですし、最近では、現役世代の年金への関心も急上昇です。
年金のしくみは複雑ですが、当講座では、1日で、担当者に必要な年金の知識の習得、社員からのよくある質問に対応できることを目標に、具体的な質問を想定しつつ実務優先で進めていきます。これから順次施行される年金改革法も解説し、同時にシニア社員を取り巻く周辺法令の改正法、さらには、いわゆる70歳定年法(改正高年齢者雇用安定法)も説明、今後のシニア社員への影響についてもシミュレーションを提示し解説します。さらに、確定拠出年金(DC)や個人型確定拠出年金(iDeCo)についても触れていきます。また、老齢の年金のみならず、遺族・障害・離婚分割についても知識を深めます。とても内容豊富なセミナーです。

※講義で使用しますので電卓をご持参ください。

 

※本講座は、WEBセミナーです。
※お申込み前に、必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。

 https://www.rosei.jp/static.php?p=webseminar_Deliveru

 

 

【本講座のポイント】

➀年金を一から学びまたは学び直し、改正も含め、実務に必要な知識まで引き上げます
②年金の知識や最新情報は、シニア社員の処遇制度構築や定年前後説明会にも必須です
③社員からの質問に答えられるようになり、さらに年金制度改正法やその影響も解説します

セミナー内容


基礎講座群

 

《WEBセミナー》

 

1日で網羅する

法改正にも対応!『年金の知識』
~社員からの質問に、自信をもって答えられるレベルへ

                 年金や周辺法令の改正も同時に解説~  

  

<主な内容>

 

Ⅰ 公的年金制度と保険料の仕組み
公的年金の仕組み/社会保険への加入/社会保険料の仕組み/第1号被保険者・第2号被保険者・第3号被保険者/年金の増やし方/国民年金保険料の追納・後納 等

 

Ⅱ 配偶者の年金
第3号被保険者とは/配偶者の年金の届出等/過去に第3号被保険者関連の手続きを忘れていたら/事業主がすべき第3号被保険者の届出/第3号被保険者の年金の確認

 

Ⅲ 国民年金の加入期間
保険料納付済期間・免除期間・合算対象期間の定義とそれぞれの期間の扱い/老齢の年金の受給資格期間の原則と例外

 

Ⅳ 老齢の年金
老齢の年金(いつから・いくら)/年金の支給開始年齢の特例と見落としがちな事項/振替加算/繰上げ・繰下げ受給と留意事項/65歳以後の在職定時改定/年金ねんきん定期便のみかた/請求から支給まで/お得なもらい方 等

 

Ⅴ 65歳までの賃金と年金、高年齢雇用継続給付の支給調整/65歳からの賃金と年金の支給調整
雇用保険の高年齢雇用継続給付の仕組み/65歳まで及び65歳以降の在職老齢年金の仕組み/65歳までの賃金と年金、高年齢雇用継続給付との支給調整/賃金シミュレーションの作成

 

Ⅵ 遺族、障害、離婚分割の仕組み(概要)
遺族基礎年金と遺族厚生年金の仕組み/障害基礎年金と障害厚生年金の仕組み/離婚分割の仕組み/それぞれの年金はどのくらいもらえるか

 

Ⅶ 年金制度改正法と周辺法令の改正及びその影響
年金制度改正法(年金制度の機能強化のための国民年金法等の一部を改正する法律)/雇用保険法等の一部改正/(通称)70歳定年法/法改正とその影響/今後の動向 
※改正事項は該当事項でも解説します

 

Ⅷ DB,DCやiDeCoの基礎知識と実務及び改正(概要)
DBとDC/活用したいDC/iDeCoの基礎知識と事業主がすべき実務/定年延長とDBの動き/DCやiDeCoの改正(最新情報)/DCの受給の仕方によるメリットデメリット 等

  

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

オンラインLIVEセミナーとは、インターネット光回線を利用して、東京会場での講義内容を、同時にLIVE会場に中継するものです。講師の登壇は東京会場のみですが、質疑応答はLIVE会場からも可能です。

オンラインLIVEセミナーのため以下の点をご了承願います。
 ・映像、音声等が途切れた場合は、再接続をしてからの再開となります。  ・接続が回復できない場合等中止をする可能性があります。この場合は、受講料を返金させていただきます。


すぐに注文する

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。