eラーニング

  • 「管理職が知っておくべきシリーズ」全4コース
  • (管理職・リーダー対象)

管理職が知っておくべき
法律知識と労務管理の基本

【労務行政eラーニング】管理職が知っておくべき法律知識と労務管理の基本では、労働時間や残業、年次有給休暇、採用と雇用管理、退職と解雇・懲戒といった、管理職として必ず知っておかなければならない分野に焦点を当てて、法律に反しない適切な労務管理とはどういうものかを一つ一つ確認していきます。 部下を管理する立場にある管理職として、正しい理解を身に付けなければならないテーマです。

講座内容イメージ

サンプル動画

※動画が表示されない方は無料トライアルをご利用ください

パンフレットはこちらから!

労務行政eラーニングのご案内
(PDF)

まずは4週間お試しください!

無料トライアルお申し込み

コース内容

第1章 労働時間、残業

  1. 労働時間と労働時間管理の基礎知識
  2. 法定労働時間と所定労働時間の違い▶サンプル動画を見る
  3. 長時間労働に対する管理職の責任と健康確保
  4. 時間外労働・休日労働の基礎知識
  5. 36協定と時間外労働の限度時間

第2章 年次有給休暇

  1. 年次有給休暇の発生要件とは
  2. 年休取得促進のための時季指定
  3. 年休の取得日を会社が変更させることはできるか
  4. 休日振替と代休の違い

第3章 採用と雇用管理

  1. 採用と内定、試用期間に関する基礎知識
  2. 採用面接での留意点
  3. 採用・退職時に確認する秘密保持義務と競業避止義務
  4. 高齢者や障害者の雇用に関する基礎知識
  5. 非正規雇用に関する基礎知識

第4章 退職と解雇

  1. 従業員(部下)の退職
  2. 退職申し出の手段・退職許可制
  3. 退職時の手続き
  4. 従業員(部下)からの退職の撤回/退職の意思表示が無効になるケース
  5. 業務の引き継ぎを行わない従業員(部下)への対応

第5章 懲戒

  1. 懲戒には、いくつかの段階がある
  2. 懲戒処分にあたっての五つの原則
  3. 私生活上の犯罪行為や飲酒運転への対応

 

修了試験

ダウンロード資料(振り返り用PDF)

(標準学習時間 2.5時間)

監修:あした葉経営労務研究所 代表 本田 和盛 氏

料金と利用期間

料金

コース1~4の受講者数を足しあげた合計受講者数が99人以下の場合は料金表①の「1人あたりの料金」となり、
100人以上の場合は、料金表②の人数の範囲に応じて定額となります。

ご利用例

●コース1のみ 30人の場合        ➡ 合計受講者数 30人 × 4,900円 = 147,000円(税込 161,700円)
●コース2が80人、コース3が40人の場合 ➡ 合計受講者数 120人 "100~199人" の料金 500,000円(税込 550,000円)
●コース1~4が60人ずつの場合     ➡ 合計受講者数 240人 "200~299人" の料金 650,000円(税込 715,000円)

料金表
料金表
利用期間

2カ月(期間延長の場合の料金はお問い合わせください)

※同時接続可能人数に制限(受講者数の10%程度)がございます。
※本サービスの利用に必要な通信回線等の費用はお客様のご負担となります。
※企業・団体でご利用の場合、受講の管理者となる人事・総務のご担当者の方を設定いただく必要がございますが、受講管理者(1人分)の料金はかかりません。2人以上の管理者を設定する場合は、受講者と同等の料金がかかります。

教材購入について

社内でご利用中のeラーニングシステムがあれば、教材データをご購入のうえ、貴社システム上でご利用いただくことも可能です。
詳しくはお問い合わせください。お問い合わせ内容にて、ご検討コース・想定ご受講人数をお知らせください。

各コースの料金は
かんたん料金シミュレーション」からも
ご確認ください

お問い合わせ先

労務行政eラーニング事業部 : 03-3491-1320