『マイナンバーの最新実務』【1日受講】

セミナー概要

マイナンバー制度が導入されてすでに4年余。多くの会社のマイナンバー規程には、「定期的な研修」が記載されていますが、その研修は行われていますか。マイナンバーの取扱いは厳格に!初心忘るべからず、きちんとチェックはされていますか。2020年5月にはマイナンバー通知書が廃止されました。普及率が低迷しているマイナンバーカードですが、9月からはマイナポイント付与制度がスタート、2021年3月(予定)からは健康保険証として利用可能となります。このようにマイナンバー制度の情報連携に伴い、マイナンバーの利活用の範囲も拡大、さらなる厳格な安全対策が必要です。
そこで本講座は最新情報の提供の場としては勿論のこと、実務上の問題解決に役立つよう、さらには午前の部に引き続き、定期研修にも活用できる内容に仕上げています。また、自社の規程や安全管理措置を定期的に点検する機会にも活用できます。ぜひご参加ください。 

 ※午前講座・午後講座を両方とも受講するコースです

 

 

【本講座のポイント】

①マイナンバー制度を一から解説。担当者の再確認や定期的な研修にも活用できる
②マイナンバーの取得から廃棄までの基礎知識を解説
③2018年から変わった年金関連も含め、担当者が扱うマイナンバー実務の基本を紹介
④実務担当者のための定期研修にも活用できます。午前の部から引き続き参加をお勧めします
⑤マイナンバー実務を詳細まで徹底的に解説
⑥マイナンバーの最新情報や実務ノウハウも紹介

 

 

 

 

 

セミナー内容

発展講座群

 

 

実務担当者のステップアップに・新任担当者の基礎固めに 
『マイナンバーの最新実務』【1日受講】
~業務に必須となるマイナンバーの取り扱いと留意点をわかりやすく解説~

 

<主な内容>

 

≪午前の部≫9:30~12:30

 

Ⅰ  マイナンバー制度の基礎知識 
   マイナンバー制度のしくみ/個人情報保護法とマイナンバー法/マイナンバーの利活用

   /個人情報と特定個人情報/マイナンバー法の改正/法人番号 

 

Ⅱ 担当者が扱うマイナンバー実務 
     税関連のマイナンバー(所得税・住民税)

    /労働・社会保険関連のマイナンバー(雇用保険・健康保険・年金) 

 

Ⅲ マイナンバーの運用に関する知識と基本実務 
      利用目的の明示/本人確認/扶養親族や第3号被保険者のマイナンバー/特定個人情報ファイルの作成

     /利用目的の変更/取得/収集/提供/廃棄・削除 

 

Ⅳ 安全管理措置の基本知識 
      組織的・人的・物理的・技術的の各安全管理措置の概要 
 

 

 

≪午後の部≫ 14:00~16:30

 

Ⅰ マイナンバーの運用に関する知識と実務対応① 
    1. 利用目的の明示/本人確認/扶養親族や第3号被保険者のマイナンバー

       /特定個人情報ファイルの作成/利用目的の変更/取得/収集/提供/廃棄・削除までの知識の再確認
    2. ガイドライン、FAQ、Q&A及び通達からみる実務上の詳細解説とイレギュラーケースへの対応 

 

Ⅱ マイナンバーの運用に関する知識と実務対応② 
     1. 共有データベースでの保管/グループ会社で特定個人情報を一括管理するときの留意点

         /出向・転籍/委託・合併
     2. ガイドライン、FAQ、Q&A及び通達からみる実務上の詳細解説とイレギュラーケースへの対応 

 

Ⅲ 担当者が行うマイナンバー実務の詳細解説 
      税関連や労働・社会保険関連のマイナンバー実務の確認/困ったときやイレギュラーケースへの対応策 

 

Ⅳ 社内体制の定期的な点検 
      チェックリスト表を活用した、「社内規程の確認/安全管理措置の手法と点検の仕方と対応」 

 

Ⅴ 漏えい事案等が発生した際の対応やマイナンバー法違反時の罰則 
      マイナンバーが漏えい・紛失した恐れがあるとき/漏えい事案が生じたとき/マイナンバー法違反と罰則  

 

Ⅵ その他、知っておきたい知識 
 
Ⅶ 個人情報保護法とマイナンバー法・マイナンバーの最新情報と今後の方向性 
       概要解説 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

 

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

関連セミナー

関連書籍

前へ

次へ