• 社員が育つPDCA
  • ジャンル:人材育成・能力開発
  • あなたの評価を投稿しませんか?

  • 講師:山本 崚平
  • 開催地域:大阪府
  • 開催日:2019年05月29日
  • 時間: 17時00分~19時30分 (開場16時30分)
  • 販売・サービス提供社
    ㈱新経営サービス
    人事戦略研究所
    問合せ先
    〒600-8102
    京都府  京都市下京区河原町五条西入京都EHビル6F
    TEL.0753430770

  • 価格:3,000円
  • 残数:あり

ウィッシュリストとは?

資料請求する
すぐ問い合わせする
一括で問い合わせする
商品情報

社員が育つPDCA

 

~計画達成と人材育成を実現するPDCAの「C」と「A」のノウハウ公開セミナー~

生産性向上、AIの進出、IoT、デジタル化、など中小企業を取り巻く外部環境はこれまでにないスピードと大きさで変化しており、まさに待った無しの状況です。こうした外部環境を乗り切るには、人材の強化が求められます。

実際に、日本能率協会が発表した調査(※1)では、企業が抱える経営課題の第2位は、「人材の強化」でした。ただ、本調査開始以来、「人材の強化」は上位に入り続けている経営課題ですが、多くの企業は有効な打ち手が見出せずにいるのが実情です。

では、どのようにして人材の強化を図り、環境変化への対応を行えばよいのか。それはPDCAと人材育成を結び付けることです。具体的には、【計画-実行-検証-改善】のPDCAサイクルと、人材育成における考え方である経験学習サイクルの【経験-省察-概念化-実践】を意図的に結び付け、社員を育てる仕組みづくりを行うことです。

本セミナーでは人材育成において、特に重要なPDCAの「C」と「A」に焦点を当てて解説し、計画の達成と人材育成を実現するPDCAノウハウについて解説を行います。
(※1)日本企業の経営課題 2018 調査結果

 

■定員 30名  ご参加は1社2名様

 

《内容》

Ⅰ.PDCAと人材育成をつなげる方法
・PDCAがまわらないよくあるパターン
・PDCAがまわる組織風土のつくりかた
・コルブの経験学習理論とは
・PDCAと経験学習をつなげる方法

Ⅱ.まずは正しく現状を「C(検証)」する
・社員が育つ現状認識のさせかた
・認知バイアスを理解する
・最低限知っておきたいデータ分析~クロス集計、相関係数、ABC分析~
・省察を促す質問リスト~売り上げが良かった/悪かっただけで終わらない~

Ⅲ.社員を育てる「A(改善)」の仕組みづくり
・改善が加速させるマネジメントシートの作成方法
・PDCAがまわる相互推進ミーティングの設計
・アクションラーニングを加速させる
・概念化を促し、社員が育つ会議のしくみ

Ⅳ.P(計画)とD(実行)の質を上げ、人材育成を加速させる
P(計画)の精度を高める
・適切な計画なしに、検証はできない
・計画を立てる時に守るべき最低限のルール
・計画立案は人材育成の絶好の機会

D(実行)の量と速度を高める
・良い経験をさせる方法
・「意味づけ」と「対話」で実践量と速度を増やす
・ポータブルスキルを強化し、実行力を高める方法

 

《対象》

経営者、経営幹部、後継経営者

 

《日程》

2019年5月29日(水) 17:00~19:30 (受付開始 16:30)

 

[大阪会場]
CIVI研修センター 新大阪東(JR「新大阪」駅東口から徒歩1分、 地図
大阪市東淀川区東中島1丁目19番4号 新大阪NLCビル5・6・7F
TEL:06-6160-5888

 

《講師》

山本 崚平 (弊社 経営支援部 コンサルタント)

ベンチャー企業から中堅企業を対象とし、経営計画の達成に向けたPDCAマネジメント支援や人事制度の構築・運用を通じての組織開発、教育研修の支援を実施している。経営理念・方針の実現と業績向上をモットーとし、顧客企業に深く入り込むスタンスでの支援に定評がある。

 

◆セミナーのお申し込みは、ページ上部にある「すぐ問い合わせする」をクリックして頂き

通信欄に

・会社名
・メールアドレス
 ・会社電話番号、FAX番号
・セミナーの参加人数

をご記入下さい。

追って担当者よりご連絡致します。

「㈱新経営サービス」 会社概要

所在地:〒600-8102 京都府 京都市下京区河原町五条西入京都EHビル6F
TEL:0753430770
URL:http://jinji.jp/

1人がフォローしています。

取り扱い商品・サービス
社員が育つPDCA
ミドルマネジメントの課題を解決する! 自ら考え、動く「自走型管理職」をつくる方法
ミドルマネジメントの課題を解決する! 自ら考え、動く「自走型管理職」をつくる方法
「同一労働同一賃金」で、企業と人事部門が対応すべきポイント
「同一労働同一賃金」で、企業と人事部門が対応すべきポイント
社長に頼らない! 中小企業の「リーダー人財」育成法
中堅・中小企業が「職務給」や「役割給」の人事制度を導入する方法
中堅・中小企業が「職務給」や「役割給」の人事制度を導入する方法
これだけは押さえる!「自社オリジナル人事制度の設計ノウハウ」

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社