判例

ハクスイテック事件

賃金規定変更の合理性

審判一審(地方裁判所)
裁判所名大阪地方裁判所
事件番号平成10年(ワ)271号、平成11年(ワ)2479号
裁判年月日平成12年2月28日
裁判区分判決
掲載誌労働判例 781号
労働法律旬報 1481号
ポイント

 年功的賃金体系から能力・成果に応じた賃金体系への給与規定の変更は、一部労働者にとって不利益な部分もあるが、新賃金体系は能力・成果の公平な反映となり、大部分の従業員の賃金額が上昇する結果となっている上、赤字経営となった会社の業績の向上のためにも賃金面のインセンティブが必要であり、会社は給与規定...