jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

労働基準法の基礎知識
第5章 休日・休暇に関する基本ルール
[2019.04.01]

休日の与え方


毎週少なくとも1回与える

 労基法では、毎週少なくとも1回(「1回」とは暦日つまり午前0時から午後12時までのことをいいます)の休日を与えればよいことになっています。したがって、土曜日・日曜日を休日とする週休2日制を採用している事業所では、土曜日に出勤させたとしても、その週の日曜日に休みを与えていれば、法律上は問題ありません。この「毎週少なくとも1回」の休日を法定休日とよび、就業規則などで労使が決めるところの休日(上の例でいえば土曜日)を法定外休日とよびます。
 週1回の休日が与えられている限り、国民の祝日(成人の日や勤労感謝の日など)については、休ませなくても法違反とはなりません。

●休日は一斉に?
 休日については、休憩時間のように一斉に与える必要はありません。
 休日の特定については法令で定められてはいませんが、後で述べる「休日の振替、代休」の点からも、就業規則などで特定しておくべきでしょう。

休日の与え方の例外

 年中無休、24時間営業を掲げる店などでは、シフト表を作成する中で「毎週少なくとも1回」の休日を与えることが難しいこともあります。これについて労基法では、「4週間を通じ4日以上の休日を与える」ことを条件に「毎週少なくとも1回」の例外を認めています。
 たとえば、次のような休日の与え方をする場合が当てはまります。
①第1週:2日、第2週:ナシ、第3週:1日、第4週:1日
②第5週:ナシ、第6週:1日、第7週:2日、第8週:1日
 特定の4週間に4日の休日があればよく、どの4週を区切っても4日の休日が与えられていなければならないものではありませんので、①②どちらの例であっても適法となります。
 ただし、この場合、4週間を通じて4日以上の休日を与えることとするその4週間の起算日を、就業規則などで明らかにしておくことが必要です。

週休2日制と「週1回の休日」

この解説は『初任者・職場管理者のための労働基準法の本 第3版』より抜粋しました。労務行政研究所:編 A5判 200頁 1,998円
(URL:https://www.rosei.jp/products/detail.php?item_no=7294
初めて労働基準法を学ぶ方に最適の1冊!
担当者として管理者として知っておくべきポイントに加え、職場で起こりがちな問題は、「実務に役立つQ&A40」で実務に即して解説しています。


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品