jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2018.09.14]

BOOK REVIEW『実務に直結! 人事労務の手続きと書式』

五十嵐芳樹 著
特定社会保険労務士 
B5判/604ページ/定価4000円+税/清文社 


BOOK REVIEW 
人事パーソンへオススメの新刊



 激しい経営環境の変化の中、企業としても変化に対応できる意欲と能力の高い人材を採用したい、採用した暁には働き続けてもらいたい、という思いは山々だ。しかし、能力の高い人材は賃金以外の労働条件や、労働法令を遵守した経営にも関心が高いと著者は言う。優秀な人材が集まる社会的評価の高い企業であり続けるためにも、人事労務担当者が労働法令を正しく理解していることは欠かせない。

 本書は、人材を雇用する上で必ず扱うこととなる募集・採用、労働契約、賃金、労働時間管理などの主要テーマを14章にわたって取り上げている。各章において理解すべき項目がポイントとしてまとめられているため、順に参照していけば人事労務担当者が日常的に遭遇する労働法令や手続き、労務管理上の注意点は網羅できる内容だ。労働時間や給与など、経験の浅い人事労務担当者が戸惑う独特の計算方法も、事例やシンプルな図表を駆使して説明されており、実務にすぐ生かすことができる。業務で取り扱うさまざまな書式の記載例も充実しているため、手元に置いて随時参照するような使い方にもぴったりだ。

 人事労務の仕事をさらった本は数あれど、企業の存続・より良い経営のために着実に踏むべきステップという視点から人事労務の仕事を逐次解説した本はあまりないだろう。企業の人事労務担当者だけでなく、自社の人事労務管理を理解したい中小企業事業主にとっても心強い1冊だ。

 



実務に直結! 人事労務の手続きと書式

内容紹介

人を雇用する際や労務管理において、日常的に遭遇する具体的な法令や制度、対策やポイントを詳しく解説。
図表や様式を豊富に用い、「いつ、どのような手続や様式が必要になるのか」「様式のどこに何を記入すればよいか」をわかりやすく示し、人事労務に関する基本的なことを余すところなく抑えられる一冊。

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品