• 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Twitter
  • Yahoo!ブックマーク

[2017.09.14]

働きやすく生産性の高い企業・職場表彰

公開日 2017.9.14 深瀬勝範(Fフロンティア 代表取締役・社会保険労務士)

働きやすく生産性の高い企業・職場表彰(はたらきやすくせいさんせいのたかいきぎょう・しょくばひょうしょう)

 労働生産性の向上と雇用確保・雇用環境の改善を図るために、これらを両立させている企業・職場を厚生労働大臣が表彰する制度。表彰と併せて、働きやすく生産性の高い企業・職場の取り組み事例を収集、公表することにより、広く啓発・普及することも目指している。
 表彰の応募対象は、労働生産性向上の取り組みが図られていることと同時に、魅力ある職場づくり(雇用管理の改善)を実現している企業、職場であり、日本国内に活動拠点があれば、営利、非営利(NPO等)の組織形態は問わない(ただし、官公庁や自治体などは除かれる)。また、応募時点において、労働関係法令に関して重大な違反がないこと、およびコンプライアンスが遵守され、社会通念上、表彰にふさわしくないと判断される問題がないこと等も、応募資格として挙げられている。

 表彰の審査は、次の四つの基準から行われる。

(1)労働生産性向上(付加価値向上と効率化)

(2)雇用管理改善(働きやすい・働きがいのある職場づくり)

(3)経営理念(方針の策定・浸透)

(4)組織成果(組織への好影響)

 これらの基準について、経営団体、労働団体、学識者等の代表者で構成する企画審査委員会が、書類審査・現地審査(ヒアリング)を実施して、表彰企業・職場を決定する。厚生労働省は、表彰企業・職場をホームページに掲載、プレスリリースを行い、併せて、表彰企業・職場の取り組みを「働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト」に掲載したり、好事例集を作成したりして、世間に広く紹介することとしている。

 この制度は、2016年度より始まったが、第1回表彰では、最優秀賞3社、優秀賞4社、奨励賞8社が選定された。

参考:働きやすく生産性の高い職場のためのポータルサイト
http://koyoukanri.mhlw.go.jp/

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品