人事パーソン要チェック! 新刊ホンネ書評 [2017.10.11]

[120]『会社でやる気を出してはいけない』

 (スーザン・ファウラー 著 遠藤康子訳 マルコ社 2017年6月)

 

 タイトルは刺激的ですが、本書のベースにある考え方は、人間はどんな時でもモチベーションを持っていて、問題はモチベーションの有無ではなくその理由であり、「仕事へのモチベーションがあればあるほど望ましいという考えかたは、単純すぎるどころか馬鹿げている」というものです。モチベーションには科学的な裏付けがあり、「科学的にモチベーションをマネジメントする方法」を示したものが本書であるとのことです。

 第1章では、他人のやる気を引き出そうとしてもうまくいかない理由を解明し、「モチベーション・スペクトラム」というものを提案しています。モチベーション・スペクトラムとは、横軸に「心理的欲求」、縦軸に「自己制御力」を取り、無関心・外発的・義務的・協調的・統合的・内在的の6種類のモチベーションタイプを配したもので、前3タイプを「後向きタイプ」、後3タイプを「前向きタイプ」のモチベーションとしています。

 第2章では、人間に備わっているモチベーションの本質を知り、それを利用することで得られるメリット、それを省みないことによる代償を明らかにしています。ここでは、モチベーションの本質とは、自律性、関係性、有能感を満たしたいという人間の「心理的欲求」であるとしています。

 第3章では、結果を出そうとがむしゃらにならなくても、なぜかよりよい結果が出せる方法を紹介し、そこでカギになるのは「自己制御力」であり、マインドフルネス、価値観、目的の三つが自己制御力を育む手段となるとしています。

 第4章では、自らのモチベーションの質を変えていくために個人がなすべきことと、そのために役立つスキルとして、①現在のモチベーションタイプを見きわめる、②前向きタイプのモチベーションにシフトする、③自らを振り返る、の三つを挙げています。

 第5章では、部下のやる気をより質の高いものへと変えていくためのリーダー会話術を披露し、第6章では、リーダーとしての言動に悪影響を及ぼしている固定観念や価値観を見定め、部下が前向きなモチベーションを持てるよう促し支援する最善策を紹介しています。第7章では、モチベーションに対する新たなアプローチに秘められた可能性を、組織、リーダー、職場での成功を目指す人の三つの観点から考察しています。

 前半部分が理論編で、後半にかけて実践編になっていく感じですが、全編を通じて事例を織り込んで解説しているため、読みやすいものとなっています。「マネジメントは科学である」というアメリカ的な考え方が、モチベーションを科学的にマネジメントすることで、自分や相手のモチベーションを前向きなものにすることが可能となる、という考え方に敷衍(ふえん)されている本です。

 古典的理論に拘泥(こうでい)しない新しいモチベーション理論であり、自分自身にも相手にも、またチームやプロジェクトにも当てはまるように思いました。一方で、"理論書"というよりむしろ"啓もう書"として読める面も多くあります。確かに、科学的なモチベーション論と精神論の境界は難しいように思いますが、本書において言語化された概念を自らの頭の中で再整理してみるもの、「科学的モチベーション」に一歩近づく手だてではないかと思います。

<本書籍の書評マップ&評価> 下の画像をクリックすると拡大表示になります

※本記事は人事専門資料誌「労政時報」の購読会員サイト『WEB労政時報』で2017年6月にご紹介したものです。

【本欄 執筆者紹介】
 和田泰明 わだ やすあき

 和田人事企画事務所 人事・賃金コンサルタント、社会保険労務士

1981年 中堅広告代理店に入社(早稲田大学第一文学部卒) 
1987年 同社人事部へ配転
1995年 同社人事部長 
1999年 社会保険労務士試験合格、2000年 行政書士試験合格 
2001年 広告代理店を退職、同社顧問(独立人事コンサルタントに) 
2002年 日本マンパワー認定人事コンサルタント 
2003年 社会保険労務士開業登録(13030300号)「和田人事企画事務所」 
2004年 NPO生涯教育認定キャリア・コンサルタント 
2006年 特定社会保険労務士試験(紛争解決手続代理業務試験)合格 
    
1994-1995年 日経連職務分析センター(現日本経団連人事賃金センター)「年俸制研究部会」委員 
2006年- 中央職業能力開発協会「ビジネス・キャリア検定試験問題[人事・人材開発部門]」策定委員 
2009年 早稲田大学オープン教育センター「企業法務概論」ゲストスピーカー 

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品