jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2016.04.13]

三年以内既卒者等採用定着奨励金

公開日 2016.4.13 深瀬勝範(Fフロンティア 代表取締役・社会保険労務士)

三年以内既卒者等採用定着奨励金(さんねんいないきそつしゃとうさいようていちゃくしょうれいきん)

 学校などの既卒者や中退者の応募機会の拡大および採用・定着を図るため、既卒者などが応募可能な新卒求人の申し込みまたは募集を新たに行い、採用後一定期間定着させた事業主に対して支給される奨励金。2019年3月31日までに募集等を行い、2019年4月30日までに対象者を雇い入れた事業主が支給対象となる。
 奨励金の対象者は、学校(小学校、幼稚園を除く)、専修学校、各種学校などの卒業者または中退者、および公共職業能力開発施設や職業能力開発総合大学校の職業訓練の修了者または中退者で、これまで通常の労働者(直接雇用であり、期間の定めがなく、社内の他の雇用形態の労働者(役員を除く)に比べて高い責任を負いながら業務に従事する労働者)として同一の事業主に引き続き12カ月以上雇用されたことがない者である。奨励金は「既卒者等コース」と「高校中退者コース」の2種類があり、それぞれの支給要件、支給額は次のとおり。
(1)既卒者等コース

① 既卒者・中退者が応募可能な新卒求人の申し込みまたは募集を行い、当該求人・募集に応募した既卒者・中退者を通常の労働者として雇用したこと(少なくとも卒業または中退後3年以内の者が応募可であることが必要)

② 当該求人の申し込みまたは募集前3年度間において、既卒者等が応募可能な新卒求人の申し込みまたは募集を行っていないこと

(2)高校中退者コース

① 高校中退者が応募可能な高卒求人の申し込みまたは募集を行い、当該求人・募集に応募した高校中退者を通常の労働者として雇用したこと(少なくとも中退後3年以内の者が応募可であることが必要)

② 当該求人の申し込みまたは募集前3年度間において、高校中退者が応募可能な高卒求人の申し込みまたは募集を行っていないこと

【支給額一覧】

企業区分 対象者
(奨励金コース名)
1人目 2人目
1年
定着後
2年
定着後
3年
定着後
1年
定着後
2年
定着後
3年
定着後
中小企業 既卒者等
コース
50万円 (※) 10万円 10万円 15万円 (※) 10万円 10万円
高校中退者
コース
60万円 (※) 10万円 10万円 25万円 (※) 10万円 10万円
それ以外
の企業
既卒者等
コース
35万円 (※)
高校中退者
コース
40万円 (※)

※若者雇用促進法に基づく認定企業(ユースエール認定企業)の場合は、いずれも10万円が加算される。

 奨励金を受給しようとする事業主は、新卒求人の申し込みまたは募集を行う際に、当該求人募集にかかる求人票等を労働局に提出し、その後、対象者を雇い入れ1年定着するごとに必要書類を労働局に提出して、支給の申請を行うことが必要である。

参考:厚生労働省ホームページ「三年以内既卒者等採用定着奨励金」


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品