jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2014.03.20]

受入れ人材育成支援奨励金

公開日 2014.3.20 深瀬勝範(Fフロンティア 代表取締役・ 社会保険労務士)

受入れ人材育成支援奨励金(うけいれじんざいいくせいしえんじょせいきん)

 再就職援助計画等の対象となった労働者の雇い入れ、移籍による労働者の受け入れ、または在籍出向から移籍への切り換えによる労働者の受け入れを行い、それらの労働者に対して訓練(Off-JTのみ、またはOff-JTおよびOJT)を行った事業主に対して、国が助成する制度。
 受給するためには、次の(1)~(6)のすべての措置をとることが必要となる。

(1)対象労働者を次のいずれかにより受け入れる
 ・雇用対策法に基づく再就職援助計画等の対象者を離職日から1年以内に「期間の定めがない労働
  者」として雇い入れる

 ・移籍により、移籍元事業主における離職日から6カ月以内に期間の定めがない労働者として受け
  入れる

 ・在籍出向により受け入れた上で、受け入れの日から6カ月以内に、移籍に切り替えて期間の定め
  のない労働者として受け入れる

(2)職業訓練計画を作成する
(3)職業訓練計画を含めた申請書類を管轄の労働局に提出し、訓練開始前に認定を
  受ける
(4)職業能力開発推進者を選任する
(5)(3)により認定を受けた計画に基づき、対象者の雇い入れた日(または受け入れ
  た日)から1年以内に訓練を開始する
(6)訓練実施期間中に対象者に対し賃金を支払う

 助成金は、一つの職業訓練計画について対象者1人当たり次の額の合計がまとめて支給される(ただし、1年度1事業者当たり5000万円を上限とする。金額は、2014年4月現在のもの)

訓練の種類 助成対象 支給額
 Off-JT  賃金助成
 訓練経費助成
 1時間当たり800円
 実費相当額 上限30万円
 OJT  訓練実施助成  1時間当たり700円

労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品