jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2011.07.12]

出張時の勤務が深夜時間帯に掛かるときの取り扱い。


A 事業場外のみなし労働時間制については、深夜業に関する規定の適用は排除されないことから、深夜時間帯の労働について適正な把握を行い、割増賃金を支払う必要があります。

みなし労働時間制の規定が適用される場合であっても、休憩、深夜業、休日に関する規定の適用は排除されません(参考資料)。したがって、出張時に、深夜時間帯にかかることになれば、当然に深夜業に対する割増賃金の支払いが必要となります。出張時において、深夜時間帯にかかることが確実な場合には、使用者としては、深夜勤務の時間帯について、何らかの方法により、管理・把握をする必要があります。
例えば、出張を命じる際に、出張用務の遂行に必要な深夜時間帯をあらかじめ指示したうえで当該時間帯に係る割増賃金を支払うこととし、仮に事前に指示することができない場合などについては、例外的に事後の労働者からの申告により、時間外割増賃金を支払うなどの方法が考えられます。

<参考資料>
昭63.1.1 基発1
事業場外労働のみなし労働時間制に関する規定は、法第4章の労働時間に関する規定の範囲に係る労働時間の算定について適用されるものであり、第6章の年少者及び第6章の2の女性の労働時間に関する規定に係る労働時間の算定について適用されないものであること。また、みなし労働時間制に関する規定が適用される場合であつても、休憩、深夜業、休日に関する規定の適用は排除されないものであること

回答者 益田浩一郎 社会保険労務士(益田社会保険労務士事務所 代表)


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品