jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

始業前の朝礼・清掃、更衣時間、終業後の後片付けなどは労働時間に含まれますか。


A これらの行為が使用者によって義務付けられている場合は、使用者の指揮命令下にあるとされ、労働時間と判断される可能性が高まります。

1.労基法上の労働時間

労基法上の労働時間とは、労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間のことを指します。始業から終業までの時間から休憩時間を除いた所定労働時間は、特別な事情のない限り労働時間となります。始業時刻前に行われる業務の準備行為等については、客観的な事実を踏まえ労働時間に当たるか否かが判断されます。

2.業務の準備行為等

業務の準備行為等が労働時間に該当するか否かについて、最高裁の判断基準があります。これによると、業務の準備行為等を使用者から義務付けられ、または余儀なくされたときは、準備行為等が所定労働時間外において行うものとされている場合であっても、使用者の指揮命令下に置かれたものと評価され、原則として労働基準法上の労働時間に該当します(参考資料①)。
始業前の清掃、朝礼、体操、点呼などが義務づけられている場合には、それに要する時間は労働時間となります。また作業着・仕事着への更衣など就業のための準備行為は、違義務づけの度合いが強く、着用に入念な作業が必要な場合(危険作業を行うための防護服の着用等)であれば労働時間となりますが、単に上着を制服に着替える程度であれば労働時間とはならないでしょう。なお事業場への入門から更衣所までの移動時間については、労働時間に当たらないという最高裁の判断が示されています(参考資料①)。
終業後に発生する機械点検、清掃・整理整頓、引き継ぎ等の作業も基本的に同じです。なお終業後の入浴は、作業の性質上シャワーを浴びてからでなければ帰宅するのが困難であるなどの特段の事情がない限りは、労働時間とはなりません(参考資料①、②)。

3.労働時間とは認められなかったもの

・作業着への更衣時間(労働力の提供そのものではないから)(参考資料③)
・出張先への往復時間(参考資料④)
・鉄道会社の業務引継行為(頻度が低く、義務付けされていないもの)(参考資料⑤)

<参考資料>
①三菱重工業長崎造船所事件(最高裁一小 平12.3.9判決)
②昭23.10.30 基発1575号
③日野自動車工業事件(最高裁一小 昭59.10.18)
④日本工業検査事件(横浜地裁川崎支部 昭49.1.26判決)
⑤東急電鉄事件(東京地裁 平14.2.28判決)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品