jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出向元で発生した年次有給休暇を、出向先で利用することはできますか。


A 出向元での勤続年数に応じて発生した年休は、出向先で利用できます。

1.年次有給休暇取得と継続勤務年数

労働者は、1年以上継続勤務し全労働日の8割以上出勤することにより、勤続年数に応じた年次有給休暇を取得することができます(労基法39条)。この継続勤務年数については、出向先での勤続年数だけではなく出向元での勤続年数も通算できると解されています。
行政通達では、「継続勤務とは、労働契約の存続期間、すなわち、在籍期間をいう。継続勤務か否かについては、勤務の実態に即し実質的に判断すべきものであり、次に掲げる場合を含むこと。この場合、実質的に労働関係が継続している限り勤務年数を通算する。」としたうえで、在籍出向の場合も、「実質的に労働関係が継続している」に当たるとしています(参考資料①)。
なお出向者は、出向元での継続勤務により発生し、繰り越された年休についても出向先で利用できます。

2.年休取得申請

年次有給休暇を取得する権利は、一定の要件を満たした場合に当然に発生します。年休取得申請は、既に発生した年休権をベースに、具体的に何時取得するかを使用者に対して明らかにすることです。出向者は、出向先使用者の指揮命令下において労務を提供しているので、年休の申請については出向先に対して行うべきでしょう。出向者が指定した年休取得予定日が、事業運営上支障がある場合は、使用者は別の日に変えさせるなどの時季変更権を行使することができます。

<参考資料>
①昭63.3.14 基発150号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品