jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出向者は、出向元から復帰命令を受けた場合に拒否できますか。


A 復帰は出向者本人の同意は不要です。復帰で賃金水準が下がる場合も同じです。

1.出向と出向者の復帰

出向とは、労働者が使用者(出向元)との間の雇用契約を維持しながら、第三者(出向先)の指揮監督の下に労務を提供するというものです。労働者はもともと出向元の従業員としての地位を有しており、出向元の命令により一時的に出向先で就労しているだけです。そうすると出向元への復帰とは、本来の姿に戻っただけで、復帰命令発令時に出向者の同意を得る必要は特にありません。
出向先の方が出向元より賃金が高額であったり、就業環境がよいなどの理由で復帰を拒む労働者もいますが、一般には認められません。もちろん、出向時に出向元への復帰はない旨を出向者に説明し、同意を得ていたなど特段の事情がある場合は、一方的に復帰させることはできません。出向元に戻さないというのが労働契約の内容になっているからです。

2.最高裁の判例

最高裁(参考資料①)も在籍出向(出向元に従業員としての身分が残っている出向)の場合、「その後出向元が、出向先の同意を得たうえ、右出向関係を解消して労働者に対し復帰を命ずるについては、特段の事由のない限り、当該労働者の同意を得る必要はないものと解すべき」と判示し、出向者の復帰については同意が不要であると判断しています。

3.出向規定の整備

出向者の復帰を使用者が一方的に命じることができるとしても、紛争の事前防止の観点からは、出向規定の整備が必要となります。出向元の命令で出向解除となり復帰となる旨や、復帰の事由・手続きについて出向規定に定めておきましょう。

<参考資料>
①古河電気工業事件(最高裁二小 昭60.4.5判決)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品