jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

始業時刻の1時間前から会社に来ている社員がいます。その時間は、労働時間になるのですか?


A 使用者の指揮命令下にあるかどうか、実際に労働しているかどうかによって判断することになります。

1.労働時間の考え方

労働時間は、「労働契約上の労働時間」と「労働基準法上の労働時間」の2つに分けられます。就業規則や労働契約で始業終業の時刻が定められ、労働時間が明確に決められている場合は、その時間は労働契約上の労働時間になります。
また労働基準法上の労働時間とは、労働基準法上の労働時間規制の対象となる時間で、
一般に使用者の指揮命令下にあり、実際に労働に従事している時間とされています。判例(参考資料①)では、労働基準法上の労働時間に関し、「労働者が使用者の指揮命令下に置かれていると客観的に評価できる時間」と定義しています。
たとえば9時始まりの会社で、たまたま遅刻して10時に出社したとすると、9時から10時までの時間は、労働契約上の労働時間に該当しますが、労働基準法上の労働時間にはなりません。使用者の指揮命令下にないことが明らかだからです。

2.始業時刻前の時間

始業時刻前の時間は、労働契約上の労働時間ではありませんが、仮に上司も出社しており、業務命令を受けて仕事をしているならば、労働基準法上の労働時間となります。使用者の指揮命令下にあると客観的に評価できるからです。
早朝に出勤していても、業務に従事していない限り労働契約上の労働時間にも、労働基準法上の労働時間にもなりません。

<参考資料>
①三菱重工業長崎造船所事件(最高裁一小 平12.3.9判決)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品