jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

出張前後の移動時間や研修参加時間は、労働時間になるのですか?


A 使用者の指揮命令下にあれば、労働基準法上の労働時間になります。

1.労働基準法上の労働時間

「労働基準法上の労働時間」とは、一般的に「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」とされています(参考資料①)。明確に指揮命令下にある時間帯であれば問題ありませんが、指揮命令下にあるか否かの判断が難しいケースもあります。

2.出張

出張自体は一種の事業場外労働ですので、使用者の指揮命令下に置かれていると考えられています。しかし出張前後の移動については、使用者の指揮命令下にないとして、労働基準法上の労働時間には該当しないとされています。判例(参考資料②)でも、「出張の際の往復時間は日常出勤に費やす時間と同一性質であると考えられる」として、労働時間には算入しないと判断しています。
なお、出張中の休日はその日に移動する場合であっても、物品の監視など使用者からの指示がある場合以外は、休日労働として取り扱わなくても差し支えありません(参考資料③)。逆に言えば、物品の運搬や監視が必要な場合には、業務性があるとして労働時間となる可能性があります。そのようなリスクもあり、多くの企業では出張手当、日当などの名目で賃金を支給しています。

3.研修

一般に研修は参加が強制され、業務性も明確なことから労働時間と考えられています。しかし参加が任意である研修の場合は、労働時間とはなりません。通達(参考資料④)でも、使用者が行う教育への参加時間について「就業規則上の制裁等の不利益取り扱いによる出席の強制がなく自由参加のものであれば、時間外労働にはならない」としています。

4.接待ゴルフ、会社行事への参加

接待ゴルフや会社行事への参加についても、参加が義務づけられていて、参加しないことにより不利益を受ける場合は、使用者の指揮命令下にあると考えられ、労働時間に該当します。

<参考資料>
①三菱重工業長崎造船所事件(最高裁一小 平12.3.9判決)
②日本工業検査事件(横浜地裁川崎支部 昭49.1.26判決)
③昭23.3.17 基発461号、昭33.2.13 基発90号
④昭26.1.20 基収2875号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品