jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

親会社からの出向社員にも、時間外・休日労働を命じることはできますか?


A 親会社との出向協定の内容にもよりますが、基本的に可能です。

1.出向とは

出向とは、出向元の企業との雇用関係を維持しながら、出向先の使用者の下で労務を提供することです。出向では、従業員としての地位は出向元に残りますが、労働契約上の権利義務(指揮命令権、賃金支払義務など)の一部は出向先に移ります。
労働契約上の権利義務のどの部分を出向先に移すかは、出向元と出向先との契約(出向協定)によって定められます。
このように出向とは、1つの労働契約上の権利義務を出向元と出向先で分割して持つというイメージです。判例(参考資料①)も、1個の労働契約を構成する権利義務が「労働者と出向元」、「労働者と出向先」に分かれて存在する関係であると判示しています。

2.出向先の権利義務

労働契約上の権利義務のうち、どの部分が出向先に移るかは出向協定によりますが、それが明確でない場合は、就労に関する部分は原則、出向先に移ると考えられています。たとえば労働時間・休日・休憩関係は、就労に関連するものなので出向先に移ると考えてよろしいと思います。
そうすると、出向先使用者は労働者に対して時間外・休日労働を命じることができることになります。その場合、出向先で36協定の締結等が必要となります。

<参考資料>
①杤木合同輸送事件(名古屋高裁 昭62.4.27判決)

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品