jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

午後から出社した場合、時間外割増はどうなるのですか?


A 時間外労働の割増は、実労働時間が8時間を超えた場合にのみ適用されます。

1.法定時間外労働の割増

1日の労働時間が法定労働時間(1日8時間)を超えた場合、使用者は割増賃金を支払う義務があります。半日年休や遅刻等で午後から出社した従業員が、終業時刻を超えて労働したとしても、実際に就労した時間が法定労働時間以内であれば、割増賃金を支払う必要はありません。
ただし就業規則(賃金規定)で、終業時刻後であれば、すべて割増賃金を支払う旨定めている場合は、就業規則どおりの扱いとなります。

2.半日年休の付与

年次有給休暇は、毎年一定日数の休日を有給で与えることで、労働による心身の疲労を回復させることを目的としています。そのため年休の付与は1日単位(暦日)で与えるものとされていますが、労働者の請求により、使用者が任意に与えるのであれば半日単位での付与も差し支えないとされています(参考資料①)。

<参考資料>
①昭24.7.7 基収1428号、昭63.3.14 基発150号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品