jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.12.02]

1カ月単位の変形労働時間制の場合、残業時間の計算はどうすればいいのですか?


A 1日単位で時間外労働を計算し、次に1週間単位で計算し、最後に変形期間全体で計算します。

1.変形労働時間制

仕事が忙しい時期と比較的そうではない時期がある場合、忙しい時期に労働時間を多く配分し、そうではない時期は労働時間を短くすることで、メリハリのある働き方が可能となります。変形労働時間制とは、業務の繁閑の波に合わせて労働時間を柔軟に変形させる制度です。たとえば、月初は忙しいが月末はそれほどでもない場合、1月単位で繁閑の波があることになります。このような業務では、1月単位で労働時間を変形させる1カ月単位変形が有効です。

2.変形労働時間制における時間外労働の考え方

1カ月単位の変形労働時間制では、日単位・週単位で各日、各週の労働時間を設定します。この場合、ある特定された日に、法定労働時間(8時間)を超えた労働時間を設定することが可能です。またある特定された週に、法定労働時間(40時間)を超えた労働時間を設定することも可能となります。1週40時間、1日8時間という法定労働時間規制(32条)が緩和されるからです。
ただし、就業規則や労使協定で「1カ月以内の一定期間を平均し1週間当たりの労働時間が週の法定労働時間(40時間)を超えない定めをした場合」に限られます。

3.変形労働時間制における時間外労働の計算方法

時間外労働を計算する場合、まず1日単位で時間外労働を計算し、次に1週間単位で計算し、最後に変形期間全体で計算します。その場合の留意点は下記のとおりです。

①1週40時間または1日8時間を超えた労働時間が設定されている場合は、その所定労  働時間を超えた労働時間が時間外労働となります。
②1週40時間または1日8時間以下の所定労働時間が設定されている場合は、1週40時間または1日8時間を超えた労働時間のみが時間外労働となります。
③①、②で時間外労働とならなかった場合でも、変形期間全体で変形期間の法定労働時間の総枠(参考資料①)を超えて労働した場合は、その超えた労働時間のみが時間外労働となります。

<参考資料>
①変形期間の法定労働時間の総枠=40H×変形期間の暦日数/7

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品