jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.11.30]

派遣労働者には、派遣先と派遣元のどちらの就業規則が適用になりますか?


A 派遣労働者には派遣元の就業規則が適用になります。

1.派遣

派遣とは、労働者と派遣元との雇用関係を維持しながら、派遣先の使用者の下で労務を提供することです。派遣労働者は、派遣元との雇用関係は続きますが、基本的に派遣先の指揮命令を受けて就労することになります。

2.派遣と出向

派遣と出向とはよく似ています。出向も出向元との雇用関係を維持しながら、出向先の使用者の下で労務を提供して働きます。ただし、出向の場合は、出向元と密接な関係がある会社が出向先になる場合が多く、労働契約上の権利・義務を出向元と出向先で分担して持っています。例えば、賃金の支払いを出向先が行うこともあり得ます。そうなると賃金については出向先の就業規則が適用となります。

これに対して派遣は、労働契約上の権利・義務のうち、指揮命令権だけが派遣先に移るに過ぎません。指揮命令権以外は、派遣元に残ります。よって、就業規則は全面的に派遣元の就業規則が適用となります。また派遣元には、派遣労働者が派遣先できちんと仕事をすることを求める労務提供請求権が残ります。派遣労働者が派遣先で問題を起こした場合は、派遣元の就業規則で処分を行うことになります。

3.派遣会社の就業規則

派遣元は、実際に派遣就労中の派遣労働者と、自社の労働者とを合わせて常時10人以上の労働者を使用している場合には、就業規則の作成義務を負います。また、派遣労働者に対しても就業規則を周知する義務があります。

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品