jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

[2010.11.30]

出向社員には、出向先と出向元のどちらの就業規則が適用されますか?


A 就業規則の適用は、出向元と出向先との契約(出向協定)で決めることができます。

1.出向

出向とは、出向元の企業との雇用関係を維持しながら、出向先の使用者の下で労務を提供することです。出向は、従業員としての地位は出向元に残りますが、労働契約上の権利義務(指揮命令権、賃金支払い義務など)の一部は出向先に移ります。

労働契約上の権利義務のどの部分を出向先に移すかは、出向元と出向先との契約(出向協定)で決めます。また、この労働契約上の権利義務のどの部分を出向先の使用者が譲り受けるかによって、出向先の労働基準法上の使用者責任の範囲が決まります。

2.出向社員への就業規則の適用

出向労働者が適用になる就業規則は、出向元と出向先との契約(出向協定)の内容によって決まります。

出向社員への就業規則の適用については、あらかじめ労働者に明示するべきですが、明示がない場合は、就労に関する権利義務は出向先に移転し、そうでない権利義務は出向元に残ると一般的に考えられています(参考資料①)。就業規則の適用も同様の扱いとなります。

例えば、労働時間・休日・休憩関係は、就労に関連するものなので出向先の就業規則が適用となります。年次有給休暇権の発生については、継続勤務期間によって付与日数が変わるので出向元となります。賃金に関しては、支払い主体が出向元か出向先かによって、どちらの賃金規定を適用するかが決まります。

懲戒については、出向先の就業規則を適用する場合は、出向元の就業規則にその旨を明確に定めておくことが必要である。ただし、懲戒解雇については労働者の身分を失わせることになるので、出向元に復帰させて出向元で行うことになります。いずれにせよ懲戒については、出向元で出向元の就業規則に基づいて行うことは可能です。

解雇、退職、出向元への復帰といった労働者の身分の得喪に関するものは、出向元の就業規則が適用になります。

3.出向は二重の労働契約

出向は、出向元での労働契約を維持しながら、出向先の使用者の指揮下に入るので、労働者は出向元と出向先の両方で労働契約を締結していることになります。

<参考資料>
①昭61.6.6基発333号

回答者:本田和盛 社会保険労務士(あした葉経営労務研究所 代表)
http://profile.allabout.co.jp/pf/honda/

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品