jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

弘兼憲史氏インタビュー [2010.09.01]

弘兼憲史氏インタビュー(1) 「知られていない事実を伝えることが自分の使命」


1983年の開始から27年。連綿と続く漫画「島耕作」シリーズは『社長 島耕作』に突入し、さらにおもしろさを増している。作品の生みの親、漫画家の弘兼憲史氏に、ストーリーの裏話、会社での世渡り術から人生論までを聞いた。

弘兼憲史さんの直筆サインが当たる!
☆プレゼント情報☆はこちらをクリック!

■共感できるリアルなストーリー、キャラクター設定は
 会社員時代の“人間観察”から生まれた

「島耕作」は、その作品に触れたことがない人でもほとんどの人が「ああ、彼か」と聞いたことがあるに違いない。漫画家・弘兼憲史氏は、日本で最も有名な会社員「島耕作」の生みの親である。

漫画「島耕作」シリーズは、1983年「モーニング」(講談社)に掲載された『係長 島耕作』からスタート。課長、部長、取締役、常務、専務と“昇進”を続け、現在は『社長 島耕作』として27年間もの長期にわたって、読者に愛され続けている。

飽きがこないリアルなストーリー展開。島耕作シリーズの特徴は、エンターテインメント50%、情報50%の構成で展開している点にある。特に電機業界の情報は、業界内外の人をうならせるほど真実味にあふれている。それもそのはず、島耕作が勤める初芝電器産業(現在はTECOT)は、弘兼氏自身が漫画家に転身する前、3年3カ月勤めた松下電器産業(現在のパナソニック)がモデルなのだ。くしくも、2008年11月にパナソニックが三洋電機との合併を発表する前に、作中ではすでに合併にいたる過程が描かれるなど、現実と作中の出来事交差する。

「もちろんフィクションという設定ですが、あり得ない話は一切描いていません。パナソニックと三洋電機の合併話も、現実に起こる前に急いで描き上げました。取材を続け、資料を読み込むうちに、合併しないはずはないと確信したんです。実際ありうることばかり描いているんですが、読者が“こんなことあるわけない”と思うような部分は、一般の方に知られていない事実ということになります。この知られていない事実を、漫画を通して伝えることが自分の務めだと考えています

会社員であれば誰もが「こういう人いるな」と感じられるリアルな登場人物たちも、読者の共感を誘う。この「共感」の部分もまた、「島耕作」シリーズが長年にわたって愛され続けている理由。その背景には、昔から培ってきた弘兼氏の人間観察力がある。松下電器産業入社当初から本社の管理部門に配属され、社長の動き、派閥の何たるかを感じ取った。3年という短い期間だが、取締役会の資料を作り、会社全体を俯瞰できる最高のポジションで会社員生活を経験した。この会社員時代の人間観察が、島耕作のストーリー作りに生かされている

「20代~50代まで、男性、女性、性格も出身地も違う人が集まっている会社は、僕が大好きな人間観察の宝庫でした。“あの人はなぜ部長に昇進できたのか”を考えると、その人の優れたところがみつかる。“なぜあの人は課長止まりなんだろう”と観察してみると、たしかに、欠落した部分を発見できる。“嫌われ者なのに、なぜ役員になれたのか”という視点で見れば、上司にゴマをするのがうまいからなんだな、とわかる。会社員時代は、周囲の人を観察するのが楽しくて仕方がありませんでしたね」

弘兼憲史(ひろかねけんし)Profile
1947年山口県岩国市生まれ。1970年早稲田大学法学部卒業後、松下電器産業(現、パナソニック)本社、販売助成部に入社。退社後の1974年漫画家としてデビュー。『島耕作』シリーズ(講談社)のほか、『人間交差点』(小学館)『黄昏流星群』(講談社)など、その作品の多くが、テレビドラマ、映画化されている。ラジオ番組「ドコモ団塊倶楽部」(文化放送)「大人の扉」(ニッポン放送)ではパーソナリティも務めている。

(撮影協力:文化放送、GIO ORGANIC CAFE浜松町店)

■弘兼憲史さんが jin-jour読者におすすめする3作品

「シリーズ全巻読めば年代ごとの情報が役立つ」

ヤング島耕作 (1)
レビュー平均:4.04.0点 (4人がレビュー投稿)
出版社:講談社
カテゴリー:コミック
作者:弘兼 憲史

「僕の考えや島耕作の背景がわかる」

気にするな (新潮新書)
レビュー平均:4.04.0点 (6人がレビュー投稿)
出版社:新潮社
カテゴリー:新書
作者:弘兼 憲史

「キャラクターが際立つ設定とストーリーがいい」

チョコレート [DVD]
レビュー平均:4.04.0点 (53人がレビュー投稿)
メーカー:日活
カテゴリー:DVD
出演:ハル・ベリー ビリー・ボブ・ソーントン ヒース・レジャー ピーター・ボイル

弘兼さんのサインを、5名様にプレゼントいたします!

お名前 ・記事のご感想 をお書きの上、こちらにメールでご応募ください。
editor@jinjour.jp
ご当選された方には、こちらからメールでご連絡差し上げます。
締め切り:9月30日 18:00
ご応募、お待ちしております!

たくさんのご応募、どうもありがとうございました。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品