jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

日本人事 ~プロが語る 人事魂~
アサヒビール 執行役員人事部長 丸山高見さん
[2011.07.07]

【日本人事 】「問題から逃げないで、自ら率先して対応するという姿勢を取り続けた」 アサヒビール 株式会社 丸山 高見さん(2/4)


日本人事 ~人事のプロから働く人たちへ~(2)
第1回 アサヒビール 株式会社 執行役員人事部長 丸山 高見さん

取材・文:溝上憲文(ジャーナリスト)
撮影:トリニティ

企業において、一人ひとりの社員の力を引き出す役割を担い、企業競争力のカギを握るのが人事部です。 人事の“魂”を次世代につなぐ「日本人事─NIPPON JINJI」では、経験豊富な人事パーソンに、仕事を通じて味わった「つらさ」「喜び」「やりがい」など、 人事として働くことの原点・本質を語ってもらいました。
アサヒビール 株式会社 執行役員人事部長 丸山高見さんのキャリアは、決して順風満帆な「人事屋稼業一筋」のものではありませんでした。今回は、そんな丸山さんが「鍛えられた経験」について語っていただきました。

トラブル処理で鍛えられた総務部長時代と出向

丸山氏は前述したように本社人事部に異動し、福祉課長として6年間を務めるが、その後は”人事屋”稼業一筋ではなく、丸山氏いわく”なんでも屋”の道を歩む。しかも、決して順風満帆ではなかった。

1998年9月、首都圏と関信越の従業員を統括する首都圏本部の総務部長に着任する。500人を超える営業部隊の研修、安全・健康管理、人事考課などの人事機能に限らず、総務も含めた全般を担当した。ここでは、「トラブル処理も含めていろいろな経験をしました。まさに”なんでも屋”です。相当鍛えられましたし、視野も広がったような気がします」と丸山氏は述懐する。

丸山 高見さん(アサヒビール 株式会社 執行役員人事部長)

新卒の採用活動も自ら行った。当時、同社の新卒採用は首都圏本部で関東地区の学生の一次、二次選考を実施し、本社で最終選考を行う仕組みであったが、丸山氏も大量の学生の選考に当たった。また、人事異動では、首都圏関信越の従業員の異動・配置案を作成するために、全拠点を回ってヒヤリングもした。いろいろな業務のなかで、とりわけ鍛えられたと指摘するのが、トラブル処理である。

「たまたまですが、首都圏本部着任時に、いろいろなトラブルが連続して発生しました。例えば、従業員が起こした交通事故を含めて、7回連続で発生したこともありました。もちろん、案件によっては、私が前面に出なくても済むような案件もあったかもしれませんが、私が前に出ることが一番の解決の早道だと思って、やりました。
決して人のせいにしない、他責にしないこと、問題から逃げないで自ら率先して対応するという姿勢を取り続けたことが、結果的によかったと思っています」

他責にすることなく、自ら闘う姿勢――。その丸山氏の真骨頂が遺憾なく発揮されたのが、次に赴任したアサヒ飲料時代である。丸山氏は、アサヒ飲料再建の一翼を担うことになるが、彼の職業人生においても「非常に濃密な時期だった」と述懐する。

2002年4月に、丸山氏はアサヒ飲料の企画部長として出向した。その当時、同社は3期連続の赤字という惨憺(さんたん)たる状況にあった。

「赤字の原因は、言うまでもなく商品が売れないからです。一番利益率の高い缶コーヒーは、風前の灯火状態。コンビニにも置いてもらえず、唯一、三ツ矢サイダーがあるかないかでした。新商品を出してもなかなか売れず、従業員も元気を失っていました。
このまま推移すれば従業員の雇用を守れないどころか、会社が崩壊してしまうという強い危機感を持ちました」

着任当時の丸山氏は、48歳。企画部長の肩書きだが、人事、広報、IT、社会環境の4部門を担当し、いわば管理部門を統括する”なんでも屋”の仕事である。経営陣には、9月には、後にアサヒビールの社長となる荻田 伍氏(現・アサヒビール会長)が副社長に就任、翌年4月には社長として陣頭指揮を振るった。

Profile
丸山 高見(まるやま たかみ)アサヒビール 株式会社 執行役員人事部長
1977年4月アサヒビール株式会社入社。営業(九州)、労働組合専従、営業課長(横浜)、3カ月研修(ビジネススクール)を経て、92年12月人事部福祉課長。98年9月首都圏本部総務部部長。2002年4月アサヒ飲料株式会社出向(企画部長)を経て、人事総務部長。05年1月アサヒビール株式会社に復職(人事部長)。08年4月執行役員人事部長。現在に至る。


「日本人事 〜人事のプロから働く人たちへ。時代を生き抜くメッセージ〜」書籍化決定!

これは人事の指南書ではなく、企業人事の第一線で活躍する人事パーソンからの、等身大のメッセージです。
人事担当者一人ひとりに元気と勇気を届ける魂の伝承。それが「NIPPON JINJI」です。

■登場する人事パーソン(会社名50音順)
[アサヒビール株式会社 執行役員人事部長]丸山高見氏、[株式会社資生堂 人事部部長]高野幸洋氏、[東洋エンジニアリング株式会社 元人事部長]遠藤勝己氏、[トヨタ自動車株式会社 常務役員]吉貴寛良氏、[株式会社テイクアンドギヴ・ニーズ 取締役]桐山大介氏、[株式会社良品計画 代表取締役会長]松井忠三氏ほか


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品