jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

ビジネスパーソンに贈る今日の一言【日本人事】 [2011.11.15]

人事はもっと経営全般に関心を持ってほしい―高野幸洋 株式会社資生堂 人事部部長(現・監査部長)(5)


『日本人事』
スピンオフ企画-経験から紡ぎ出された名句名言(5)
ビジネスパーソンに贈る今日の一言

人事に携わる人も経営全般に対する関心をもっと持ってほしいと思います
(高野幸洋 株式会社資生堂 人事部部長〈現・監査部長〉) 

企業において、一人ひとりの社員の力を引き出す役割を担い、企業競争力のカギを握る人事部。経験豊富な人事パーソンに、仕事を通じて味わった「つらさ」「喜び」「やりがい」など、 人事として働くことの原点・本質を語っていただいた 『日本人事─NIPPON JINJI』。

このスピンオフ企画では、日本企業を支えてきた人事パーソンたちによる、心揺さぶられる言葉の数々をご紹介していきます。

―経営の在り方を見直し、会社も変わらなければいけないとすれば、それとともに人事も変わっていくことが求められる。新しい時代に適合していくため、人事パーソンに一層求められるものとは…

「海外で仕事をするときに感じるのは、『経営戦略=人事戦略』と言ってもよく、人事戦略は大きな位置を占めています。もちろん、人事の専門性を高めることも重要ですが、それだけではなく、経営や社会の出来事に関心を持ち、理解していかないと、新しい時代の動きにはついていけなくなると思います。社会が変わり、会社の方向性が変われば、今まで会社でやってきた人事の仕組みなどは吹き飛んでしまうこともあるのです」


※人事業務に役立つ書籍やセミナー、サービス情報をお届けしているWEBサイト「jinjourオンラインマーケット」で『日本人事~人事のプロから働く人たちへ。時代を生き抜くメッセージ~』の内容見本を電子ブック形式でご紹介しています。


労務管理、人事評価、ハラスメント対応など充実のコース!

労務行政eラーニング 詳しくはこちら

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

シリーズ記事

キーワード

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品