jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2011.10.03]

クラウドソーシング

公開日 2011.10.03 深瀬勝範(社会保険労務士、人事コンサルタント)

クラウドソーシング、crowdsourcing(くらうどそーしんぐ)

 インターネットを通じて不特定多数の人からアイデアや技術情報を募り、自社の問題解決や新製品開発などに役立てること。「群衆(crowd)」と「調達(sourcing)」を組み合わせた造語。2005年ごろからクラウドソーシングによる製品開発の事例が紹介され始め、仕事の進め方の新しい形態として注目されるようになった。

 クラウドソーシングにおいては、アイデアや情報の提供者に対して金銭的な報酬を付与するが、彼らを自社の従業員として雇用することはない。したがって、企業側は、アイデアや技術を、必要なときにだけ、短期間で調達することができる。また、インターネット上で、複数の発案者を競争させる、情報提供者間で意見交換をさせるなどの工夫を施すことにより、アイデアや技術の質を高めていくこともできる。

 クラウドソーシングを行うメリットとしては次の点が挙げられる。
・低コスト、短期間で幅広いアイデアや情報、技術などを収集することができる
・アイデア収集の過程で顧客の意見も取り込むことができる

 一方、デメリットには、次の点がある。
・自社の製品開発の動きや抱えている問題を世間に広めてしまう
・有効なアイデアや情報が収集できない場合もある

 近年、IT分野では、クラウドソーシングによるプログラム開発などが積極的に行われるようになっている。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品