jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.10.06]

最頻値

公開日 2008.10.06 三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社

最頻値(さいひんち)
mode

●代表値の一つで、データを複数の区間(この区間を「階級」という)に区切った場合、最もデータの数が多い階級に対する値のこと。「並数(なみすう)」、「モード」ともいう。

●例えば、[図表]のように25人の賃金が分布している場合、最頻値は、データ数が最も多い「30万円以上35万円未満」の階級値「32.5万円」となる(階級が範囲で示されているときには、一般的に下限と上限の中央の値を階級値とする)。

●ここでは、35万円未満の人が全体の60%(15人)を占めているにもかかわらず、平均値が「37.0万円」となった。平均値は、極端に高い(低い)データの影響を受けてしまうため、データ全体の傾向とは感覚的なズレを生じてしまうことがある。このような場合は、最頻値を代表値として使うとよい。

●『公務員給与の人事院勧告』の参考資料として公表される「標準生計費」の算出においては、国民一般の標準的な生活の水準を求めるという目的から、最頻値(並数)が実際に使われている。


■関連用語
 平均値
 中位数

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品