jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.02.29]

ジョブ・シャドウイング

公開日 2008.02.29 プライスウォーターハウスクーパース株式会社


ジョブ・シャドウイングは、子供や中高生の就業意識を育てるために、企業において短時間(半日~1日)のあいだ「影」のように従業員に密着し、職場での仕事ぶりを観察するという、米国で発展している職業体験プログラムの一種である。

●米国では1994年に「学校から職業への移行機会法」が施行され(時限立法のため、2001年に廃止)、
 ①学校における学習
 ②職場における学習
 ③学校・職場の両者を結合させる教育
 ――という枠組みを義務付けたことに伴い、各州において広まった。

●ジョブ・シャドウイングは、インターンシップなどに比べると、長時間を要さないため、企業側も受け入れがしやすい。1日のわずかな時間を活用するだけで、生徒に職業社会への第一歩を踏み出す機会を与えることができる。夏休みなどを利用して、1人の生徒が複数の職場を観察することで、大きな効果が見込まれる。

●最近では、日本でも沖縄県キャリアセンターや、兵庫県(「トライやる・ウィーク」)など、ジョブ・シャドウイングに取り組む団体が増えてきている。


■関連用語
 キャリア形成促進助成金制度
 スローキャリア
 キャリア・アンカー
 キャリア・アドバイザー

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品