jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2008.01.15]

キャリア開発

公開日 2008.01.15 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



キャリアとは、仕事を通じて育む能力のことをいう。企業側からみた「キャリア開発」とは、長期的/計画的な観点から、従業員個々の入社以降のキャリアを支援していくための環境を整備する考え方である。これを具体的な計画にしたものがCDP(career development program)である。CDPによるキャリア(能力)開発の方法は、研修と職務経験との組み合わせで考えられ、職務経験に重きがおかれる。配属職場や配属期間、昇進を含むジョブ・ローテーション、配属先での職務割り当てが、キャリア開発――キャリア形成ないし能力開発方法――の軸となる。

●このように、ある時期までは、キャリア開発は企業側が責任と権限をもって主導してきた側面が強かった。しかしバブル崩壊後、企業と個人の関係の在り方が多様化する中で、企業主導のキャリア開発だけでは限界があることが明らかになってきた。

●近年では、キャリア形成の手段として、自己申告制度や社内公募制度、カフェテリアプランなど、個人の自立と自己責任に基づいた個人主導の意味合いの強いものが増えてきている。また、労働市場の流動性の高まりに伴って、優秀な人材の定着率を高めるための手段としても、「キャリア開発が促される組織かどうか」といった観点が注目されている。


■関連用語
 キャリア形成促進助成金制度
 スローキャリア
 技能伝承
 技能教育

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品