jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.12.13]

人事評価(人事考課)

公開日 2007.12.13 プライスウォーターハウスクーパース株式会社

4017

人事評価(考課)とは、組織において従業員の行動、業績、態度、能力などを評価することを  指す。その主な目的は能力開発や組織成果の向上にある。また、評価の結果は処遇(昇格、昇進、配属、賃金等)に反映される。

●人事評価は、大きく能力評価業績評価の二つに分けるのが一般的である。

●人事評価制度を構築し、その運用を推し進めていくことで、組織の方針と方向性を強く従業員に示すことにつながる。このため、企業文化(組織に根付き、社員間で共有され、その行動に影響を与える価値観、倫理観、考え方)に影響を与える。

●近年では、個々の職種や資格に応じての評価、人材育成に焦点を当てた評価等、工夫を凝らす企業が増え、複数のバリエーションの評価制度を持つ場合も多い。成果主義的要素(業績評価の割合が高かったり、目標管理制度と関連しているケース等)が顕著にみられるのも最近の傾向である。


■関連用語
 業績評価
 能力評価
 コンピテンシー
 評価者訓練
 自己評価
 評価要素
 目標管理

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品