jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.11.07]

コンピテンシー

公開日 2007.11.07 プライスウォーターハウスクーパース株式会社



コンピテンシーとは、能力評価の一種で、業務において発揮された能力(行動)のことを指す。コンピテンシーと能力を同義に扱う組織もあるが、能力評価がややもすると潜在的な能力に対する評価を示す場合があるのに対し、コンピテンシーは、一定期間に「発揮された」能力(すなわち行動)を評価するという意味合いが強い。

●近年では成果重視の評価制度が一般的になっているので、能力評価においても潜在的な能力ではなく、コンピテンシーを用いる傾向が強い。

●本来コンピテンシーとは、1970年代に米国のマクレランド(D.C.McClleland)博士が成功者の行動を分析し、共通する行動特性を見出し、人材選抜や育成の指針に役立てようとしたことを起源とする。従来、職務およ  び成果中心の評価が主流であった米国では、コンピテンシーは斬新な考え方であり、広く浸透した。一方、日本では潜在的な能力を評価する能力評価がすでに存在していたこともあり、浸透するのに時間がかかった。


■関連用語
 能力評価
 業績評価

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品