jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2011.05.09]

エンパワーメント

公開日 2011.03.01 深瀬勝範(社会保険労務士、人事コンサルタント)

エンパワーメント(えんぱわーめんと)

組織の構成員の能力を引き出すため、各自に自律的に判断し、行動できるような権限を与えること。または、それを実現するために組織構成員を支援すること。

もともとは、公平な社会の実現に向けて、弱い立場にいる者に能力発揮の機会を与え、その自立を促すという概念であった。

エンパワーメントを実践することにより、次の効果があるものと考えられている。
① 現場にいる者がその場で判断することにより、状況変化に素早く対応することができる。
② 裁量拡大により、組織構成員の責任感が強まり、またモチベーションが向上する。
③ 組織構成員の問題解決能力が向上する。
これらの効果を出すことによって組織のパフォーマンスを高めていくことが、エンパワーメントの目的である。

ただし、エンパワーメントには「組織単位ごとに判断がバラバラになり、全体として統一性がある行動がとれなくなる」、「問題を押し付けられたと思い、現場の責任感やモチベーションが低下する」等の危険性もはらんでいる。これらを回避するためには、「組織全体のビジョンや判断基準を示す」、「現場で問題解決ができるような資源配分と能力開発等の支援を行う」といった工夫も必要とされる。


管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品