jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.09.05]

昇格/降格・昇進

公開日 2007.09.05 プライスウォーターハウスクーパース株式会社


●職能資格制度や職務等級制度において、資格や等級が上がることを昇格(昇級)、逆に資格や級が下がることを降格(降級)と呼ぶ。
 昇格/降格のイメージは図表のとおり。

●一方係長から課長へ、課長から部長へなど組織上のポジションが上がることを昇進という。昇進のイメージは図表のとおり。

●職能資格制度においては、資格が上がること(昇格)と組織上のポジションが上がること(昇進)を区別して両方を運用している。

●昇進は、ポジションがなければ行わないなど、厳密に運用するという意志があれば行いやすいが、昇格は、「3年も経験しているのだから上げても良いのでは」などの主観が入りやすく、昇進ほど厳格に行うのは難しい。

●等級が上がることと、組織上のポジションが上がることがほぼ一致している職務等級制度では、昇格と昇進を区別して運用する必要はない。



■関連用語
 職能資格制度
 職務等級制度

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品