jin-jour(ジンジュール) |人材育成、リーダーシップ、モチベーション、メンタルヘルス対策など 人事の視点から、働く人と会社の関係を元気にする情報を発信

ログイン
MENU

メニュー

×

  • 印刷
  • クリッピング
  • ソーシャルボタン
  • Yahoo!ブックマーク

[2007.09.05]

資格制度

公開日 2007.09.05 プライスウォーターハウスクーパース株式会社


資格制度とは、組織上のポジションである部長・課長などの肩書き・役職とは別に、人材を格付けする制度を指す。

●日本で最も一般的な資格制度は、「職能資格制度」である。職能資格制度は、職務遂行能力(職能)を職能要件書等で定義し、能力で等級を決定する仕組みである。図のように参与・参事といった資格や3等級・4等級のような資格名が一般的である。

●職能資格制度は、ポストの有無にかかわらず、昇格をさせることでモチベーションを高めようとする考え方が背景にあり、日本では1970年代後半以降導入が進むこととなった。

●職能資格制度は、潜在能力があると見なされた人は、昇格しやすくなり、実質的な年功的運用に陥る傾向がある。それにより高人件費を生み出す原因となってしまったため、近年職能資格制度に代わって、実際に就いている仕事を評価する「職務等級制度」の導入を検討する企業が増えてきた。

■関連用語
 職能資格制度
 職務等級制度

管理職のeラーニング講座、お試しできます

無料トライアル受付中

禁無断転載
▲ ページの先頭に戻る

ログイン

×

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品