• NEW  特集ビジネスパーソン

    Point of view

    第100回 友野典男
    お金以外の報酬が大事だ

    お金で人を動かすことができるのは確かだが、時にはお金が人のモチベーションを下げることもある。もちろん人を動かすのは、お金だけではない。
    最近、経営者や研究者の間で、賞品や休暇のような金銭でないインセンティブ、すなわち非金銭的インセンティブの重要性や有効性が強調されるようになってきた。アメリカのある調査では、営業部門の78%、非営業部門でも67%の企業が、非金銭的なインセンティブを用いているという。

    続きを読む

  • NEW  特集採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2017年12月 (寺澤康介)

    経団連が11月27日に発表した「2017年度 新卒採用に関するアンケート調査結果」の中に、いくつか興味深い結果がありましたので、まずはそちらを紹介したいと思います。最も興味深かったのは、中長期的な「指針」のあり方についての結果です。2017年度の調査では、「指針自体は残すが、広報活動や選考活動の開始時期の規定は削除すべき」が42.1%でトップ、次いで「選考開始時期等を含めた現行の指針の内容を維持していくべき」が26.9%、「指針を廃止し、自由な採用活動を認めるべき」が9.0%となっています。

    続きを読む

  • NEW  特集人事・労務管理

    企業ZOOM IN⇔OUT 先進的な取り組みをしている企業の現場をレポート

    ランスタッド

    時間を場所の制約をなくす「フレキシブルワーキング制度」
    スーパーフレックス制、在宅勤務とも導入直後から成果を上げる

    ランスタッドは、2017年4月に社員の多様な働き方を支援する「フレキシブルワーキング制度」(通称:フレワク)を導入した。「フレワク」とは、「働く時間」や「働く場所」にとらわれない柔軟な働き方を推進する社内プロジェクトで、その骨格をなすのはコアタイムを設けない「スーパーフレックス」と「在宅勤務」である。

    続きを読む

  • NEW  特集経営・人事戦略

    「労政時報」特集解説:HR tech(酒井雄平)

    HR techの現状と可能性

    最先端のIT関連技術を活用して、人事分野の業務効率化や採用・人材育成・評価・配置・登用などの戦略的展開を図る「HRテクノロジー」(HR tech)が昨今急速に注目を集めています。
    今回は特別記事として、『労政時報』第3941号(17.11.24)掲載の特集「HRテクノロジーの活用と今後の展望」より、デロイト トーマツ コンサルティング合同会社の酒井雄平氏にご執筆いただいた、同分野をめぐる最近動向とこれからの展開についての解説をご紹介します。 

    続きを読む

  • NEW  特集人事・労務管理

    企業ZOOM IN⇔OUT 先進的な取り組みをしている企業の現場をレポート

    イケア・ジャパン

    パートタイマーを無期雇用の短時間正社員に転換
    同一労働同一賃金を実現し、福利厚生を一本化

    イケア・ジャパンは2014年9月に大幅な人事制度改革を実施した。その改革ポイントは、①有期パートタイマー雇用を廃止し、全員を無期雇用に転換、②同じ職務であれば、すべてのコワーカー(従業員)に同じ賃金が支給されるべきだという考え方から、同一労働同一賃金を実現、③無期雇用転換に伴い、すべてのコワーカーへの福利厚生を一本化――というものだ。

    続きを読む

  • NEW  特集ビジネスパーソン

    Point of view

    第99回 藤島正人
    "人材育成監査"のススメ――人材育成策の定期的な検証で改善・向上
     を図り、効果的な施策を実現する

    企業が永続的に発展し続けるために、その鍵を握る「人材」を育成することは重要であり、各社が工夫を凝らし、さまざまな人材育成策を推進している。通常、企業が具備すべき機能は、①目標達成に向けて事業を計画どおり遂行する「業務遂行機能」、②新しい価値を生み出すための「企画・調査・研究機能」、③現状の推進内容を点検・改善する「監査・改善機能」の3点である。

    続きを読む

1 2 3 4 5 6
  • 採用適性検査はTAP 日本文化科学社
  • 方針管理プログラム ストリーム経営コンサルティング株式会社
  • ポジティブオフ事例集
「WEB労政時報」体験版 労政時報セミナー

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品