人事・労務の課題解決サポートサービス

No.116

2018.05.29

Sounds Good!
0

プラットフォーム就業者保護へのEUの新規則案




濱口 桂一郎

独立行政法人労働政策研究・研修機構(JILPT)
労働政策研究所長

 ここ数年、世界的にAIやIoT、プラットフォームやクラウドといった新技術による新たな産業構造の到来(第4次産業革命)がホットなテーマになっています。欧州ではこのテーマに対し、労働の在り方も激変するのではないか、それにどう対応すべきかということが、法学、経済学、社会学など分野横断的に熱っぽく議論されています。一方で日本では、事態の進展もそれに関する議論の展開もやや遅れ気味のきらいがありましたが、昨年来ようやく本格的な議論がなされるようになったようです。私も、総論的な解説をするとともに、とりわけEUレベルにおける政策対応の状況を解説してきました。
 その中でも、EUの行政府である欧州委員会が昨年末に提案した「透明で予見可能な労働条件指令案」については、『季刊労働法』2018年春号(260号)でかなり詳細に紹介しました。この指令案は、主としてオンコール労働者(使用者の呼び出しに応じて労働する者)の保護が狙いですが、...

本サイトは、WEB労政時報の基本機能をお試しいただく体験版です。
体験版での表示はここまでになります。
人事・労務の課題解決メディア『労政時報』をご購読いただくと
全てのコンテンツをご覧いただけます。

『労政時報』の購読申し込みはこちらから行えます。

無断で転載する行為は法律で禁じられています

ページの先頭に戻る