希望者全員再雇用であることを踏まえた処遇の再検討

『同一労働同一賃金を踏まえた60歳以降の再雇用制度・規程の見直し・運用の実務』

~法改正・裁判例を踏まえた制度設計・規程の留意点・検討すべきポイント~

開催場所 東京会場  /  WEB
開催日時 12/12(月)
お気に入りに登録
閉じる

お気に入り機能をご利用いただくには、
会員登録およびログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
開催日時 2022年12月12日(月) 10時00分~16時00分 (開場09時30分)
残席(来場) あり
残席(WEB) あり
講師 多田国際社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士 多田 智子 氏
東京会場 29,700円 (税込)
(労政時報購読会員価格 24,200円(税込))

受講者数

WEB会場 29,700円 (税込)
(労政時報購読会員価格 24,200円(税込))

受講者数

特商法上の表記

講座概要

企業としては高齢者活用にも力を入れていかねばなりません。労働条件や給与など人事制度についても十分な検討が必要といえます。また、2020年4月より同一労働同一賃金への対応が求められ、従来の手法では対応できない事案も増えています。本セミナーでは、法律知識の基礎、最新の判例を踏まえて、60歳以降の再雇用制度に関する留意点を確認します。処遇再設計について、制度設計と規程見直しのポイントを中心に、継続雇用をどう進めるべきかを網羅的に解説します。

 

 

※昼食はお弁当をご用意しています(来場受講のみ)
※WEB受講でご参加の場合は、お申込み前に必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。
https://www.rosei.jp/seminarstore/seminar/deliveru

 

 

【本講座のポイント】

①再雇用者における同一労働同一賃金への対応がわかる
②柔軟な制度設計事例のイメージが湧く
③再雇用者の処遇設計での検討事項を網羅的に解説

講座内容

Ⅰ 高年法をめぐる人事総務としての心構え
1)高年齢者雇用安定法
2)70歳までの継続雇用の努力義務


Ⅱ 同一労働同一賃金を踏まえた再雇用後の給与設計
1)再雇用後の処遇をめぐる裁判例
  ~長澤運輸事件、トヨタ自動車事件を踏まえて~
2)同一労働同一賃金と再雇用者の基本給・各種手当


Ⅲ 再雇用後の制度設計の留意点と考え方
1)再雇用制度設計事例
2)管理職コース、嘱託コース、ハーフタイムコースの設定
3)再雇用後の賃金制度 類型
4)60歳以降の処遇インセンティブ制度 類型


Ⅳ 65歳定年制へ向けて
1)65歳定年制へ向けて~選択定年制~
2)公務員の定年延長事例


Ⅴ 再雇用規程見直しのポイント
1)今後の運用を踏まえて、定年退職日を統一してはどうか?  
2)同一労働同一賃金を踏まえた修正条文
3)社員と同じ処遇は矛盾か?
4)その他

 

講師プロフィール

多田国際社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士

多田 智子 氏

多田国際社会保険労務士法人 代表社員 特定社会保険労務士

多田 智子 氏

【略歴・著書】

大手製薬会社に勤務後、平成14年8月社会保険労務士事務所設立、平成18年3月法政大学大学院イノベーションマネジメント専攻にてMBA取得、同校にて修士論文「ADR時代の労使紛争」が優秀賞を受賞、平成23年海外進出企業労務コンサルティング事業部開設、海外進出企業への海外赴任規程コンサルティングを得意とする。主な著書に『改正 労働基準法がすっきり分かる本』(ソーテック社)ほか多数

本講義についての注意事項

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額請求させていただきます

お申し込み・お問い合わせ先

株式会社労務行政
 人材育成事業部

TEL 03-3491-1330   FAX 03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21
お問い合わせフォームはこちら