グローバル

米国新規赴任予定者のための米国雇用法弁護士による

【ZOOM開催】『日米職務環境の相違と米国採用社員との相互理解促進のためのセミナー』WEBセミナー

~日米雇用法の相違に基づく米国での働き方に関する解説~

開催場所 WEB
開催日時 3/26(火)
お気に入りに登録
閉じる

お気に入り機能をご利用いただくには、
会員登録およびログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
会場 WEBセミナー
開催日時 2024年03月26日(火) 09時00分~17時00分 (開場09時45分)
残席 あり
講師 オグルツリー・ディーキンス法律事務所 インディアナポリス事務所 インディアナ州弁護士 (1996年) ワシントン州弁護士 (2021年) 本間 道治 氏
WEB会場 38,500円 (税込)
(労政時報購読会員価格 33,000円(税込))

受講者数

特商法上の表記

備考

※本講義はZoom(ウェビナー)を利用して配信いたします。
※開催前日までに、ZOOM招待URLおよび資料のURLをお申込み時のメールアドレスに送らせていただきますので、メールアドレスは正確に入力してください。
※URLおよびIDとパスワードは他の方と共有しないようお願いいたします。

講座概要

日本企業の米国子会社の多くが設立から30年以上たち、米国採用社員の比率の増加とともにある種の日本的経営スタイルや人事管理手法が受け入れられなくなりつつあります。例えば職場で管理職が大きい声を出したり、会議中に同僚の前で部下を叱るような管理スタイルはハラスメントの苦情を招きかねません。こうした環境の中、日本からの駐在員が米国子会社で効果的に力を発揮するためには、日本での事前の十分な教育が不可欠です。本講座では、米国と日本でこれまで1,100回以上の研修講師を務める米国雇用法弁護士が、米国赴任前に知っておかなければならない日米ビジネス環境の相違と米国の職場事情に関し、雇用法の相違を基に解説します。貴社の米国赴任予定者研修の一環として、是非ご活用ください。

 

≪詳しくはリーフレットをご参照ください≫

 

本講義は、Zoom(ウェビナー)を利用してWebで配信いたします。


※WEB受講でご参加の場合は、お申込み前に必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。

 https://www.rosei.jp/seminarstore/seminar/zoom

 

 

【本講座のポイント】

①米国採用社員との相互理解を促進するための16 の方策
②米国雇用法と日本の雇用法の比較とその違いがもたらす働き方への影響
③職場における米国採用社員の考え方を理解するための米国雇用法の基礎知識

 

講座内容

Ⅰ 米国と日本の基本的な相違
国家の構成・成り立ちにおける日米の根本的相違とその影響


Ⅱ 厳罰主義の国
1.懲罰的賠償金
2.嘘と情報隠蔽に厳しい国 
3.企業犯罪に厳しい国 
4.企業内告発
5.E-Mailに関する注意 

 

Ⅲ 日米社員が互いに感じる職場での典型的な不満
日本人駐在員が米国採用のジョブ型社員の働き方に対し感じるフラストレーションと米国採用社員が日本人の職場の言動に対し感じるフラストレーション

 

Ⅳ 日米の雇用法の最大の相違点
年齢による差別禁止法と定年制度の有無、Emloyment at Willと解雇権濫用の禁止。雇用法の違いが、それぞれの国の社員の働き方や考え方、ひいては経営の在り方に与える影響。

 

V 日米社員間の相互理解促進
コミュニケーションの改善と相互理解促進のための16の方策ならびに駐在員予定者が事前に読むべき数々の書籍の紹介

 

VI 連邦雇用差別禁止法
Title VII of the Civil Rights Act of 1964等の連邦差別禁止法の解説と重要な判例の説明

 

VII ハラスメント防止と法律問題
米国の会社内におけるハラスメント防止対策と日本人駐在員として特に注意しなければならないこと

 

VIII 米国での生活上の注意事項
飲酒に関する厳格な州法と日常生活の中で気をつけなければならない銃や麻薬等に関する注意事項

講師プロフィール

オグルツリー・ディーキンス法律事務所 インディアナポリス事務所 インディアナ州弁護士 (1996年) ワシントン州弁護士 (2021年)

本間 道治 氏

オグルツリー・ディーキンス法律事務所 インディアナポリス事務所 インディアナ州弁護士 (1996年) ワシントン州弁護士 (2021年)

本間 道治 氏

【略歴】
一橋大学社会学部卒業。三井不動産入社。人事部門、広島支店マンション開発担当、社長・会長秘書、秘書室課長、都市開発事業企画課長等を経験し、1991年同社退職。1991年8月、シンシナティ大学ロースクール入学、1994年12月卒業、2002年8月からオグルツリー法律事務所に所属。これまで、日米両国で1,100回以上、雇用法等に関するセミナーの講師を務める。著書『40歳からの米国での挑戦 - 米国で弁護士を目指す』Amazonから出版。

本講義についての注意事項

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額請求させていただきます

お申し込み・お問い合わせ先

株式会社労務行政
 人材育成事業部

TEL 03-3491-1330   FAX 03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21
お問い合わせフォームはこちら