『人事税務の基礎知識』

セミナー概要

  役員、従業員の給与や賞与から福利厚生、出張、退職、異動など企業の「人」に関連する税務はその範囲が広く、複雑な点も多くあります。人事労務をめぐる税務を正しく理解するためには、法人税の側面と所得税の側面の両方からアプローチする必要があります。実務で判断に迷うポイントを中心に、税制改正など最新動向を織り込み、わかりやすく解説します。
 人事労務に関する税務の担当者になったばかりの方やその上司の方など、基礎知識を習得したい方、基本を再確認したい方に最適の講座です。

 

【本講座のポイント】

①「人」に関連する税務を法人税の側面、所得税の側面の両面から確認できます 
②必要知識を体系的に整理し、実務上のポイントを把握できます 
③裁判例や裁決例も踏まえて、実務でのリスク管理に役立ちます

セミナー内容

 

労政時報カレッジ
基礎講座群

 
1日でしっかり理解する 『人事税務の基礎知識』
~人事労務をめぐる税務の基礎知識を1日でわかりやすくコンパクトに解説~ 

 

<主な内容>
第1部 人事労務担当者の税務へのアプローチ 
  1.法人税からのアプローチ  
  2.所得税からのアプローチ  
  3.住民税からのアプローチ
  4.税制改正へのアプローチ
 (第2部の個別テーマQ&Aの前提となる基礎知識の体系的な確認)

 

第2部 税務Q&A-1.役員に関する税務 
  役員の範囲、役員に対する給与、定期同額給与の意義、事前確定届出給与の意義、

    利益連動給与の意義、役員に対する退職給与、会社と役員間の取引など 

 

税務Q&A-2.給与・賞与に関する税務 
  源泉徴収税額表の取り扱い、控除対象配偶者・扶養親族等の意義、合計所得金額の

    意義、国外居住親族の意義と留意点、海外赴任・帰国時の源泉徴収、年末調整など 


税務Q&A-3.退職に関する税務 
  退職所得に対する源泉徴収、退職所得に対する住民税の特別徴収、特定役員退職

    手当等の取り扱い、死亡退職の場合の留意点、解雇予告手当の取り扱いなど 


税務Q&A-4.福利厚生に関する税務 
  福利厚生の留意点、慶弔見舞金、永年勤続表彰に伴う記念品等、創業記念品等、

    レクリエーション・社員旅行の取り扱い、社宅(使用人・役員)の取り扱いなど 


税務Q&A-5.その他の税務 
  出張に関する税務、単身赴任者の帰宅旅費、転勤(家族同伴・単身赴任)に係る住宅

    借入金等特別控除の取り扱いなど 出張に関する税務、転勤に関する税務、社会保険

    料と税務など

 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※セミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:23,760円, 
  /一般参加:29,160円(いずれも税込・昼食付)

ウィッシュリストに入れる

ウィッシュリストとは?

この商品は「労務行政」の取扱い商品です。

人事給与アウトソーシング実績NO.1のエイチアールワン株式会社