•  New!   特集ビジネスパーソン

    Point of view

    第65回 村本高史
    新しく生きる日々の中から

    5年前、喉元の食道がんが再発した。勤務先(サッポロビール)では当時、人事総務部長、46歳だった。初発時に放射線治療を限界まで行っており、今度は手術するしかない。患部は声帯の真裏であり、同時に声帯を切除することになる。覚悟はしていたので、ショックというよりも「来るものが来ちゃったなあ」。そんな気持ちだった。

    続きを読む

  • BUSINESS REPORT  ビジネスリポート福利厚生、安全衛生

    ストレスチェックの誤解と真の目的
    第3回・完 ストレスチェック制度の実務ポイント

     鳥越 慎二 ㈱アドバンテッジ リスク マネジメント 代表取締役社長 

    ご承知のとおり、ストレスチェック制度では、企業は労働基準監督署に対して報告義務があり、法定基準を満たしていなければ指導対象となります。そこで、ストレスチェックを実施するに当たって、まずは会社としてのメンタルヘルス対策の基本方針を決めておくことをお勧めします。なぜなら、会社の方針によってどのようにストレスチェックを活かして組織改善を進めていくか、実務面のアプローチがまったく異なるからです。

    続きを読む

  •  New!   特集採用・退職

    採用担当者のための最新情報&実務チェックポイント

    2016年6月 (寺澤康介)

    今回はHR総研が緊急アンケートとして実施した、「6月上旬現在の2017年新卒採用状況調査」の結果から読み取れる、企業の最新情報をいち早く紹介したいと思います。採用広報が解禁された3月時点での企業の採用活動の「予定」と、実際に採用活動が進む中での「現実」には、幾つかの変化が見られます。「内定(内々定)出し」のタイミングについて比べてみると、大企業では予定よりも5月・6月に集中し、中堅企業は予定よりも前倒しに、中小企業では予定よりも後ろ倒しになっているようです。

    続きを読む

  •  New!   特集福利厚生、安全衛生

    産業医が住んでみてわかった!
    東南アジア新興国への赴任者と出張者のための健康管理
    (和田耕治)

    第3回 ワクチン接種を制覇する
      ~一般的な出張・赴任から家族を帯同する場合まで~

    今回は感染症対策の中でも、渡航前に行う代表的な対策である「ワクチン接種」を紹介する。一般的な出張・赴任に当たって必要なことと、産業医が住んでみた実感から、子どもや配偶者を帯同して赴任する方への対応を紹介する。

    続きを読む

  •  New!   特集ビジネスパーソン

    Point of view

    第64回 中野円佳
    "時短の罠"の原因と対策

    日本の大手企業の中には、育児中の社員向けに「小学校3年生まで」「6時間勤務から」という充実した短時間勤務制度を備えているケースが少なくない。その充実した制度をフル活用してしまうゆえに、働く時間を延ばせず、それに伴い仕事の責任が縮小し、モチベーションが下がり、ますます働く時間を延ばせなくなる"時短の罠(わな)"にはまる女性が多いように感じている。

    続きを読む

  • BUSINESS REPORT  ビジネスリポート福利厚生、安全衛生

    ストレスチェックと組織活性化(馬場裕子)
    第3回 ストレスチェックの効果的な活用② ラインによるケア

    今回はメンタルヘルス不調予防の第2の柱である、『ラインによるケア』を考えたいと思います。『ラインによるケア』は、管理監督者が安全配慮義務として行うケアのことです。一般的には、日ごろから職場環境を把握し、必要に応じて改善したり、部下からの相談対応を行うことなどを指します。メンタルヘルス対策としても、組織の活性化のためにも、職場ごとに取り組むべきテーマがたくさんあります。言うまでもなく、そのキーマンは管理職です。キーマンである管理職をターゲットとした施策について、お話したいと思います。

    続きを読む

1 2 3 4 5 6
  • 山口俊一の「今月の注目! 人事・労務ニュース」
  • 育成プログラム ストリーム経営コンサルティング株式会社
  • ストレスチェックの誤解と真の目的 アドバンテッジ リスク マネジメント
「WEB労政時報」体験版 労政時報カレッジ 労働法実務相談シリーズ

ログイン

  • ログイン

人事・労務に役立つ商品・サービス検索

  • カテゴリとジャンルから検索

検索

注目商品ランキング 新着商品