メニュー

商品・サービス紹介/申込・購入

Excelでできる戦略人事のデータ分析入門

内容見本を見る

内容見本 インセンティブ

Excelでできる戦略人事のデータ分析入門

深瀬勝範:著 
ジャンル 人事・労務管理賃金、賞与
判型 B5  ページ数 240頁 
発売日 2019年03月19日 ISBN 978-4-8452-9273-8
通常価格 5,400円 残数 あり

価格は税込・送料は当社で負担します。

※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら

書籍概要

Excelでできる戦略人事のデータ分析入門

深瀬勝範著

 

「経験と勘」から

データ分析に基づく人事管理へ

 

◇人事管理におけるデータ分析の基本が学べる入門書

◇Excelで関数、グラフを駆使して現状を把握

◇サンプルデータを自社データに置き換えればデータ分析が可能

 

新しい人事管理に対応していくために、Excelを使った

データ分析の実践的なスキルとセンスが身につく。

統計的手法の基礎知識や、人事管理に関するデータを

どのような手法でどう分析するのか、具体例を用いて分かりやすく解説

 

【ご購入者特典ダウンロード】

Excelサンプルデータをダウンロードいただけます。

目次

第1章 データ分析の基本
 1 データ分析に基づく人事管理の必要性
 2 データ分析の基本~統計学の基本的な考え方~
 [1]「統計」とは(統計学の基本的な考え方)
 [2]統計的手法を使ってできること、できないこと
 [3]分析対象となる情報、データと収集方法
 3 データ分析の進め方
 [1]第1ステップ:分析目的の明確化、仮説の構築
 [2]第2ステップ:分析の実施(データ収集、分析方法の選択、結果を導き出す)
 [3]第3ステップ:分析結果の整理、戦略・施策の提言
 4 データ分析のパターン
 [1]現時点の分析と時系列分析(成長性の分析)
 [2]収益性の分析と生産性の分析
 [3]関係性の分析
 [4]シミュレーション
 5 人事管理におけるデータ分析の実践


第2章 データ分析の基本的な手法
 1 代表値と散らばり
 [1]代表値の種類と算出方法
 [2]散らばりを示す値(分散と標準偏差)
 [3]その他の散らばりの示し方(最大値、最小値、分位数)
 2 Excelを使った代表値、標準偏差などの算出
 [1]関数を入力する
 [2]分析ツールを使う
 [3]ピボットテーブルを使う
 3 グラフの作成(ヒストグラム、散布図、箱ひげ図)
 [1]ヒストグラムを作成する
 [2]散布図を作成する
 [3]箱ひげ図を作成する
  演習1
  演習2


第3章 労働生産性と労務構成の分析
 1 労働生産性、労務構成の分析の進め方
 2 労働生産性の分析
 [1]従業員数の適正性の捉え方
 [2]労働生産性の算出と世間水準との比較
 [3]労働生産性の時系列分析
 3 労務構成の分析
 [1]労務構成の分析の基本的な考え方
 [2]労務構成の分析と人事管理上の問題
 [3]自社の労務構成の指標の算出
 [4]年齢分布、勤続年数分布の分析
 [5]労務構成の時系列分析
 [6]労務構成に関する指標の統計データとの比較
  演習3
  演習4


第4章 賃金と人件費の分析
 1 賃金の分析
 [1]「適正な賃金」とは
 [2]賃金水準、賃金格差の決定要因、効果および捉え方
 [3]賃金水準の分析
 [4]賃金格差の分析
 [5]「賃金構造基本統計調査」の分布特性値の使い方
 [6]賃金格差の分析のまとめ
 2 人件費の分析
 [1]「人件費」とは
 [2]「適正な人件費」とは
 [3]労働分配率を使った人件費分析の基本的な考え方
 [4]労働分配率の統計データとの比較
 [5]労働分配率の時系列分析
 3 賃金、人件費分析のまとめ
  演習5
  演習6


第5章 相関と回帰分析
 1 相関
 [1]「相関」とは
 [2]相関係数の算出方法
 [3]相関行列の表示と使い方
 [4]相関を使うときの注意点
 2 回帰分析
 [1]「回帰分析」とは
 [2]回帰分析の進め方
 [3]「R-2乗値」とは
 [4]散布図を作成しない回帰分析の方法
 [5]デ-タの分布に応じた回帰分析の方法
 [6]データ「x」が複数ある場合の回帰分析(重回帰分析)
  演習7
  演習8

 

第6章 要員計画、人件費予算の策定
 1 要員計画、人件費予算の基本的な考え方
 [1]要員計画、人件費予算策定のポイント
 [2]要員計画、人件費予算策定のステップ
 [3]要員計画、人件費予算を合理的に策定するための条件
 2 今後5年間に必要となる総従業員数の推測
 [1]売上高と総従業員数の回帰分析
 [2]売上高目標の達成に必要な総従業員数の推測
 3 総従業員数、人件費の適正性の検証
 [1]人件費シミュレーションの基本的な考え方
 [2]事業構造の分析(売上高と人件費以外のコストの回帰分析)
 [3]人件費シミュレーション(総従業員数と人件費の適正性の検証)
 [4]総従業員数および人件費の調整
 4 部門別・雇用区分別従業員数の算出
 [1]部門別・雇用区分別従業員数の一般的な算出方法
 [2]人件費シミュレーションのブレークダウンによる要員計画の策定
 [3]非線形最適化による要員計画の策定
 [4]要員計画の妥当性の検証
 5 ソルバーとシナリオを使った雇用ポートフォリオの作成
 6 シミュレーションおよび制約条件設定に関する留意点
 [1]「当たらなかったシミュレーション」にも大きな意味がある
 [2]ソルバーにおける制約条件の設定に関する留意点
 演習9


第7章 評価における統計的手法の活用
 1 統計的手法を使った人事評価の調整
 [1]人事評価の甘辛調整は、基本的には不可能
 [2]標準化による人事評価の調整
 [3]標準化を使う場合の注意点
 2 目標管理制度におけるデータ分析の活用
 [1]目標管理制度の運用上の問題
 [2]設定された目標額、達成率、支店業績のデータ分析
 [3]目標設定の傾向分析
 [4]データ分析を活用した目標管理制度
 3 データ分析に基づくコンピテンシーの明確化
 [1]コンピテンシーとは
 [2]職務行動に関するデータ分析とコンピテンシーの明確化
 [3]コンピテンシー明確化に関するデータ分析のポイント


第8章 従業員意識調査の分析
 1 従業員意識調査の分析
 [1]「従業員意識調査」とは
 [2]従業員意識調査において一般的に行われる分析
 [3]従業員満足度の捉え方と改善策の講じ方
 [4]項目間の関係性の分析
 2 カイ二乗検定による退職要因の分析
 [1]「カイ二乗検定」とは
 [2]カイ二乗検定の進め方
 [3]カイ二乗検定による退職要因の分析
 [4]カイ二乗検定を使って従業員意識調査の分析を行うときの留意点
  演習10


第9章 業績と人事施策の関係性分析~人事部門のKPIの策定~
 1 業績と人事施策の関係性分析
 [1]データの収集と業績の状況の分析
 [2]業績と人事施策の関係性分析(相関行列の作成と樹形図による分析)
 [3]タイムラグを考慮した業績と人事施策の関係性分析
 2 データ分析に基づくKPIの策定
 [1]「KPI」とは
 [2]データ分析に基づくKPIの策定
 [3]KPIの活用


第10章 これからの人事管理と人事部門の役割

 

◆ 巻末付録 データ分析でよく使われるExcelの関数式
◆ 重要項目別索引
◆ 参考文献

ご購入手続きについて

  • 労政時報会員様でWEB労政時報の利用登録をおこなっていただいている方
    クレジットカード払い(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)、コンビニ払い(ファミリーマート、サークルKサンクス、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ)にくわえ、請求書後払いが可能です
  • 一般の方
    クレジットカード払い(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)、コンビニ払い(ファミリーマート、サークルKサンクス、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ)が可能です

ページの先頭へ戻る

労政時報選書/その他書籍

労政時報選書/その他書籍
  • 労政時報選書/その他書籍
  • 選書/書籍を検索
  • 労政時報選書定期送本のご案内
  • 電子書籍閲覧サービス
  • お申込・お支払いについて

社員教育でお悩みの方

働き方改革の担い手となる管理職に向けた学習コースと、
将来、貴社を担う新人のための学習コースをご用意しています。

無料トライアル受付中

ログイン

ID(Email)
パスワード

ログイン

 

重要なお知らせ 購入特典