初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本

初任者・職場管理者のためのメンタルヘルス対策の本

山本晴義・曽田紀子:著 
ジャンル 福利厚生、健康・安全衛生
判型 A5  ページ数 232頁 
発行日 2010年04月15日 ISBN 978-4-8452-0281-2
通常価格 2,160円 残数 あり

価格は税込・送料は当社で負担します。

※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。一般の方はjin-jourへの利用登録が必要です。会員登録はこちら

書籍概要

初任者・職場管理者のための メンタルヘルス対策の本
山本晴義・曽田紀子 著


●メンタルヘルス対策とは何をすべきか? その心構えとは何か? 
現場で心の病の問題に直面している上司・人事労務担当者への適切な解決方法がここにある!


●社員の心の健康は会社の経営資源です。元気な職場を取り戻すために、「職場管理者」や「人事労務担当者」はどう対応すべきか?“心療の達人”Dr.山本がズバリ解説!

目次

第1章 職場のメンタルヘルスの現状

① 職場のメンタルヘルスの現状
② メンタルヘルスとは 
③ 減らない自殺
④ 心の病の傾向
⑤ 精神障害等における労災認定件数
⑥ 組織にとってのメンタルヘルス対策
⑦ メンタルヘルス対策の意義

第2章 ストレス攻略法――ストレスと上手に付き合う
① ストレスは身近な存在
② ストレスの定義
③ ストレスの段階
④ ストレスの仕組みとプロセス
⑤ ストレスによるさまざまな反応
⑥ ストレスマネジメントという考え方
⑦ ストレス対処力をつけよう
⑧ ソーシャルサポート(社会的支援)を増やそう 社会的支援ネットワーク
⑨ ストレス1日決算主義を実行する ライフスタイル・チェック
⑩ 職場のストレス度チェック 職業性ストレス簡易調査票
⑪ エゴグラムを利用して人間関係に役立てる 自己成長エコグラム・チェックリスト
⑫ エゴグラムの見方と性格の変え方

第3章 押さえておきたい職場に多いメンタルヘルスの病気とその対応――何の病気かではなく、何ができないのか
① うつ病
② うつ病の症状
③ うつ病になりやすい性格や素質
④ うつ病になる引き金

⑤ うつ病の治療
⑥ うつ病の薬
⑦ うつ病と自殺
⑧ 職場で多発する特徴的なうつ病
⑨ その他、気をつけたい心の病

第4章 知っておきたい国のメンタルヘルス対策とあなたの職場のメンタルヘルス対策
① 国の対策の流れ
② あなたの職場のメンタルヘルス体制をチェックする
③ メンタルヘルス対策の基本となる考え方

第5章 上司と人事労務担当者は何をすべきか
① 上司自身の心と身体のケア
② 相談にどのように対応すべきか
③ ストレスを軽減できる職場環境づくり
④ プライバシーの保護の問題

第6章 職場復帰支援のポイント
① 職場復帰支援の進め方
② 職場復帰支援における上司と人事労務担当者の役割
③ 職場復帰支援プログラムのポイント
④ その他、職場復帰支援に関して検討すべき事項(その1)
⑤ その他、職場復帰支援に関して検討すべき事項(その2)

第7章 メンタルヘルスに関して相談できる機関
① 公的機関(労働安全衛生分野)を利用したい場合
② 公的機関(メンタルヘルス対策)を利用したい場合
③ 無料で心身の不調や現在の治療状況を相談したい場合
④ 有料で相談できる専門相談機関
⑤ その他の機関(復職の準備を整えたい)

第8章 メール相談事例――働く人のメンタルヘルスに関する相談
① 精神的・身体的な症状に関する相談
② ハラスメントに関する相談
③ 職場復帰支援に関する相談

実務に役立つQ&A22
Q1 うつ病の疑いのある部下を酒の席に誘って聴いてもよいか?
Q2 会社を辞めたがっているうつ病が疑われる部下を引き止める必要はあるか?
Q3 「死にたい」というメールが部下から来たとき、どのように返信すればよいか?
Q4 うつ病で休んでいた部下が、復職後も薬を服用しており、仕事中に居眠りをすることもある。薬の服用をやめさせたいと思うがどうか?
Q5 病院に行きたがらない部下を病院に行かせるにはどうすればよいか?
Q6 職場が家族の協力を得るにはどうすればよいか?
Q7 うつ病で休職中の単身赴任者の自宅療養
Q8 うつ病の通院歴がある者の中途入社
Q9 うつ病は、時間帯や季節によって症状が変わるのか?
Q10 30代に心の病が多いのはなぜ?
Q11 中間管理職のストレス対策は?
Q12 企業内の産業保健スタッフの活用方法は?
Q13 主治医と産業医の違いは何か?
Q14  EAPとは何か?
Q15 リワークプログラムとは何か?
Q16 心身相関とは何を指すのか?
Q17 心身症とは何か?
Q18 精神科と心療内科の違いは何か。どちらの科を受診すればよいか?
Q19 メンタルヘルス教育のポイントは何か?
Q20 過労死と使用者の刑事処分
Q21 パワーハラスメントとは何か?
Q22 セクシュアルハラスメントとは何か?

ご購入手続きについて

  • 労政時報会員様でWEB労政時報の利用登録をおこなっていただいている方
    クレジットカード払い(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)、コンビニ払い(ファミリーマート、サークルKサンクス、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ)にくわえ、請求書後払いが可能です
  • 一般の方
    クレジットカード払い(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)、コンビニ払い(ファミリーマート、サークルKサンクス、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ)が可能です

ページの先頭へ戻る

  • 労政時報選書/その他書籍
  • 選書/書籍を検索
  • 労政時報選書定期送本のご案内
  • 電子書籍閲覧サービス

ログイン

ID(Email)
パスワード

ログイン

 

研修内容 重要なお知らせ 購入特典