1冊でわかる!改正早わかりシリーズ 個人情報保護法

内容見本を見る

内容見本

1冊でわかる!改正早わかりシリーズ 個人情報保護法

水町雅子:著 
ジャンル リスク管理、情報管理、不正防止法律関係
判型 A5  ページ数 208頁 
発売日 2017年05月24日 ISBN 978-4-8452-7292-1
通常価格 1,944円 残数 あり

価格は税込・送料は当社で負担します。

※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら

書籍概要

1冊でわかる!改正早わかりシリーズ

個人情報保護法

弁護士 水町 雅子 著

 

平成29年5月30日全面施行

すべての企業が対象に!

改正事項と実務上の留意点を

わかりやすく解説

 

□多岐にわたる法改正の変更箇所を

 一目でわかる新旧対比や図表を交えて紹介

□どのようなルールが総合的に求められるのか、

 個人情報を取り扱う際のポイントやルールを解説

 

 

 

 

 

目次

改正によって何が変わるのか
 個人情報保護法が改正されました
 個人情報保護法に従わなければならない対象者が大幅に拡大
 個人情報の定義の明確化
 法の目的の明確化
 個人情報保護委員会による監督(命令・立入検査等)
 新ガイドラインの公表
 要配慮個人情報
 第三者提供時の記録
 第三者提供を受けたときの確認と記録
 外国にある第三者への提供
 オプトアウトによる第三者提供に伴う届け出義務
 消去の努力義務
 利用目的の変更基準の緩和
 匿名加工情報
 個人情報データベース等の不正提供・盗用罪
 個人情報保護法対応のポイント
 個人情報保護法とガイドラインとマイナンバーの関係性
 個人情報保護法はなぜ改正されたのか

 

第1章 個人情報保護法に従わなければならない者は誰なのか
 ①個人情報取扱事業者とは誰か
 ②個人情報取扱事業者の範囲が大幅に拡大
 ③匿名加工情報取扱事業者とは誰か
 ④報道機関等は個人情報保護法の義務の対象外


第2章 個人情報とは何か

 ①個人情報/個人データ/保有個人データ
 ②要配慮個人情報
 ③匿名加工情報

第3章 個人情報保護法のポイント・ルール

 ①取得に関するルール
 ②利用に関するルール
 ③提供に関するルール
 ④管理に関するルール
 ⑤本人からのアクセスに関するルール
 ⑥執行・制裁

第4章 規定・様式

 ①必要となる社内規程等
 ②個人データの取得/提供記録様式
 ③オプトアウトの届出様式

事項索引

ご購入手続きについて

  • 労政時報会員様でWEB労政時報の利用登録をおこなっていただいている方
    クレジットカード払い(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)、コンビニ払い(ファミリーマート、サークルKサンクス、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ)にくわえ、請求書後払いが可能です
  • 一般の方
    クレジットカード払い(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)、コンビニ払い(ファミリーマート、サークルKサンクス、ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ)が可能です

ページの先頭へ戻る

  • 労政時報選書/その他書籍
  • 選書/書籍を検索
  • 労政時報選書定期送本のご案内
  • 電子書籍閲覧サービス
  • お申込・お支払いについて

ログイン

ID(Email)
パスワード

ログイン

 

重要なお知らせ 購入特典