人事担当者が押さえておくべき

『職場のハラスメント~適正な対応と実務~』

~雇用から退職まで~

開催場所 東京会場  /  WEB
開催日時 1/24(火)
お気に入りに登録
閉じる

お気に入り機能をご利用いただくには、
会員登録およびログインが必要です。

ログイン・会員登録はこちら
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
開催日時 2023年01月24日(火) 10時00分~16時30分 (開場9時30分)
残席(来場) あり
残席(WEB) あり
講師 中町誠法律事務所 弁護士 中井 智子 氏
東京会場 29,700円 (税込)
(労政時報購読会員価格 24,200円(税込))

受講者数

WEB会場 29,700円 (税込)
(労政時報購読会員価格 24,200円(税込))

受講者数

特商法上の表記

講座概要

昨今、職場におけるハラスメント関連の紛争が増加しています。
ハラスメントは、企業の規模や業種を問わず、どのような職場でも起こり得る問題です。
人事労務担当者は、職場から寄せられるさまざまなハラスメント問題に対して、適切な対応をとらなければなりません。本講座では、次々と出されている新しい裁判例にも着目して、職場で起こるハラスメントに対する実務上の注意点を取り上げます。

 

※昼食はお弁当をご用意しています(来場受講のみ)
※WEB受講でご参加の場合は、お申込み前に必ず下記のURLをご確認のうえで、お申込みください。
https://www.rosei.jp/seminarstore/seminar/deliveru

 

 

【本講座のポイント】

①さまざまなハラスメントについて、適正な対応と実務を学べる 
②ハラスメントにおける企業のリスクや事実調査の留意点を学べる 
③ハラスメントに対する予防策・対応策を学べる 

 

講座内容

人事担当者が押さえておくべき 
『職場のハラスメント~適正な対応と実務~』

  ~雇用から退職まで~

 

<主な内容>


Ⅰ セクシュアルハラスメント 

1.裁判例にみるセクハラの類型 
2.企業のリスク 
3.セクハラにおける事実調査の留意点
4.セクハラ予防に向けて
 
Ⅱ パワーハラスメント 
1.パワハラに関する新たな法規制・指針
2.裁判例にみるパワハラ 
3.パワハラにおける事実調査の留意点 
4.パワハラ予防に向けて 


Ⅲ マタニティハラスメント 
1.法の定めるマタハラ類型 
2.裁判例にみるマタニティハラスメント
3.産前産後・育児休業と賃金制度 
4.産前産後・育児休業と配転・降格 


Ⅳ その他のハラスメント 
1.ジェンダーハラスメントとは 
2.スモークハラスメントと企業の対応策 

 

  

講師プロフィール

中町誠法律事務所 弁護士

中井 智子 氏

中町誠法律事務所 弁護士

中井 智子 氏

【略歴・著書】

1996年慶応義塾大学法学部卒。1999年弁護士登録(東京弁護士会)。2002年中町誠法律事務所入所、労働事件(使用者側)を専門とする。主な著書に『職場のハラスメント 適正な対応と実務(第3版)』『「労働時間管理」の基本と実務対応〈第3版〉』(いずれも、労務行政)ほか多数

 

本講義についての注意事項

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。
※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額請求させていただきます

お申し込み・お問い合わせ先

株式会社労務行政
 人材育成事業部

TEL 03-3491-1330   FAX 03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21
お問い合わせフォームはこちら