メニュー

商品・サービス紹介/申込・購入

基礎から振り返り、実務上の留意点を確認しよう『産休・育休の社会保険の実務対応』【半日】 ~産休・育休の制度と関連する社会保険手続きを徹底解説~

開催日 2020年07月30日 (木)
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
時間 13時00分~16時00分 (開場12時30分)
通常価格 17,600円
WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格 14,300円
残席 あり
WEBセミナー同時開催

価格は税込です。


※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら
クレジットカード払いでのお申し込みは開催日の2ヶ月前からの受け付け開始となります。ご了承ください。

講師プロフィール

社会保険労務士法人 名南経営   特定社会保険労務士 宮武 貴美 氏

 【略歴・著書】中小企業から東証一部上場企業まで幅広い顧客を担当し、実務に即した人事労務管理のアドバイスを行う。インターネット上の情報サイト「労務ドットコム」の管理者であり、人事労務分野での最新情報の収集・発信は日本屈指のレベル。著書に『こんなときどうする!? 社会保険・給与計算 ミスしたときの対処法と防止策30』(労務行政)、『社会保険の手続きがサクサクできる本』(日本実業出版社)などがある。 

講座概要

女性従業員が産前産後休業(産休)・育児休業(育休)を取得することは多くの企業で当たり前になりつつあります。しかしながら、産休・育休の制度は複雑で、特に社会保険には経済的支援に向けた各種制度が用意されており、総務人事担当者は適切なタイミングで手続きを行うことが求められます。
本講座では社会保険の手続きの前提となる労働法の知識を整理した上で、社会保険の実務的な手続きについて、実務で迷いがちなポイントを押さえながら解説していきます。また、今後取得の増加が予想される男性従業員の育休についても触れます。

 

《ご案内》

会場定員の半数で満席とさせていただきますのでお申し込みはお早めにお願いいたします 

 

【本講座のポイント】

①産前産後休業・育児休業の制度内容が学べる 
②実務上の手続き・処理で迷いがちなポイントを整理 
③男性従業員が育児休業を取得するケースも解説

 

講座内容

   

基礎講座群

 

 

基礎から振り返り、実務上の留意点を確認しよう 
『産休・育休の社会保険の実務対応半日】 
~産休・育休の制度と関連する社会保険手続きを徹底解説~ 

 

<主な内容>

 

Ⅰ 妊娠・出産・産休・育休を整理しよう 
①妊娠・出産した従業員に求められる配慮
②産休・育休の制度を知ろう 


Ⅱ 出産時・産休取得時の社会保険制度 
①産休取得時に利用できる社会保険料免除
③出産時に支給される出産育児一時金
③産休時に支給される出産手当金 


Ⅲ 育休取得時の社会保険制度 
①育休取得時に利用できる社会保険料免除制度
②育休取得時に支給される育児休業給付金制度(雇用保険) 


Ⅳ 産休・育休からの復帰時等の社会保険制度 
①産休・育休から復帰したときの月額変更
②育児をしながら働くときに利用できる年金額の特例 


Ⅴ 男性が育休を取得するとき等の留意点 
①女性の育休と男性の育休の違い
②男性の育休取得、仕事と育児の両立で注意すべき点 

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。

※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。

お申込み・お問合わせ先

株式会社 労 務 行 政 カスタマーソリューション本部 人材育成事業部
TEL:03-3491-1330 FAX:03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21

ページの先頭へ戻る