仕事と家庭の両立を進めるファミリーハラスメント防止から考える働き方改革『マタハラ・パタハラ・ケアハラ防止の実務』【半日】~サステナブルで安定した組織づくりに向けた対応策~

開催日 2018年04月10日 (火)
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
時間 09時30分~12時30分 (開場09時00分)
通常価格 17,280円
WEB限定価格 17,080円
WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格 13,840円
残席 受付終了

価格は税込です。


講師プロフィール

株式会社natural rights   代表取締役社長 小酒部 さやか 氏

【略歴、著書】
2014年7月自身の経験から被害者支援団体であるNPO法人マタハラNetを設立し、マタハラ防止の義務化を牽引。2015年3月女性の地位向上への貢献をたたえるアメリカ国務省「国際勇気ある女性賞」を日本人で初受賞。2015年6月「ACCJウィメン・イン・ビジネス・サミット」にて安倍首相・ケネディ大使とともに登壇。現在、株式会社natural rights代表取締役。仕事と生活の両立がnatural rightsとなるよう講演や企業研修、執筆など活動を行っている。主な著書に『マタハラ問題』(筑摩書房)、『ずっと働ける会社~マタハラなんて起きない先進企業はここがちがう!~』(花伝社)がある。

※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら
クレジットカード払いでのお申し込みは開催日の2ヶ月前からの受け付け開始となります。ご了承ください。

講座概要

均等法と育児・介護休業法の改正に伴い、昨年2017年1月1日から企業に対して、妊娠や出産・育児を理由に職場で不当な扱いや嫌がらせをするマタニティハラスメント(マタハラ)への対策が義務化されました。これに伴い、男性社員が育児休業や短時間勤務制度等を活用して育児参画しようとすることを妨げるパタニティハラスメント(パタハラ)や、介護休業取得に関係するケアハラスメント(ケアハラ)への対策も同時に求められるようになりました。
これら制度利用に関するハラスメントはモラルの問題だけでなく、“働き方の問題”でもあります。産休・育休・介護休業の制度を利用する人たちだけでなく、制度の利用をフォローする人たちにも目を向けなければ、この問題は解決されてません。
仕事と家庭の両立を認めないマタハラ・パタハラ・ケアハラの総称である「ファミリーハラスメント」の防止をきっかけに、ダイバーシティからダイバーシティインクルージョンへとシフトしていくことが求められています。本講座は、ハラスメント対策だけでなく、それを企業の経営戦略・組織開発の視点から捉え直すことで、これからの新たな働き方の課題解決のヒントを提示します。

 

【本講座のポイント】

 

①経営戦略・組織開発の視点からファミリーハラスメント防止に焦点を当てます 
②どんなケースがハラスメントや不法行為に当たるかを事例を交えて解説します 
③マタハラ防止措置義務の内容・均等法と育介法の改正ポイントがわかります

 

 

講座内容

発展講座群

 

 

仕事と家庭の両立を進めるファミリーハラスメント防止から考える働き方改革 
『マタハラ・パタハラ・ケアハラ防止の実務 』
~サステナブルで安定した組織づくりに向けた対応策~ 

 

 

<主な内容>

 

Ⅰ ファミリーハラスメントとはなにか 
   1.マタハラ、パタハラ、ケアハラの定義
   2.マタハラ、パタハラの4類型
   3.マタハラと周辺ハラスメントとの関係性
   4.違法行為の内容 


Ⅱ データ・事例から見た被害の実態 
   1.各ハラスメントの被害データ(加害者/企業規模など)
   2.各ハラスメントの具体的な被害事例
 
Ⅲ ファミリーハラスメントをなくすには 
   1.逆ハラスメントとは(例として逆マタハラ、お妊婦様問題の紹介)
   2.ダイバーシティインクルージョンとは
   3.ダイバーシティからダイバーシティインクルージョンへの必要性
 
Ⅳ ハラスメント防止に関して企業が対応すべきこと 
   1.法改正のポイント
   2.企業が講ずべき措置義務内容
 
Ⅴ まとめ

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります。

※都合によりセミナー開催を中止した場合、交通費と宿泊費等の費用の補償は行いません。
※キャンセルにつきましては、開催日3営業日前までにご連絡ください。
 それ以降のキャンセルや当日のご欠席につきましては、参加費を全額
 請求させていただきます。
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
 「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:14,040円, 
  /一般参加:17,280円(いずれも税込)

 

お申込み・お問合わせ先

株式会社 労 務 行 政 カスタマーソリューション本部 セミナーグループ
TEL:03-3491-1330 FAX:03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21

ページの先頭へ戻る

管理職教育でお悩みの方

eラーニングで管理職のスキルアップが図れます。
働き方改革の担い手となる管理職が知っておくべきポイントを
4つのコースでご用意しています。

無料トライアル受付中

ログイン

ID(Email)
パスワード

ログイン

 

重要なお知らせ 購入特典