『職場におけるLGBT の当事者への対応』【半日】~企業は何をする必要があり、何をしてはいけないのか~

開催日 2017年09月21日 (木)
会場 東京都 株式会社 労 務 行 政 セミナールーム
(東京都品川区西五反田3-6-21 住友不動産西五反田ビル3F) 【会場地図】
時間 13時30分~16時30分 (開場13時00分)
通常価格 17,280円
WEB限定価格 17,080円
WEB労政時報会員・労働法ナビ会員特別価格 13,840円
残席 受付終了

価格は税込です。


講師プロフィール

髙井・岡芹法律事務所  弁護士 帯刀 康一 氏

【略歴、著書】

2004年早稲田大学卒業。2007年東京弁護士会登録、八重洲総合法律事務所入所。2011年経営法曹会議会員。企業側弁護士として、労働問題の解決に取り組む。中でもハラスメント等の問題社員対応、職場のLGBTの問題を専門とする。
主な共著として『現代型問題社員対策の手引 第4版―生産性向上のための人事措置の実務―』(民事法研究会)、『労働裁判における解雇事件判例集 改訂第2版』(労働新聞社)

受付終了

特商法上の表記

※”年間受講パス”、”おまとめ受講券”でのお申し込みの方は、次ページで請求書払いを選択してください。

※こちらからお申込みいただくには・・・
『労政時報』会員の方は、WEB労政時報へ利用登録いただいたIDとパスワードをご利用ください。
一般の方は弊社WEBサイトへの利用登録が必要です。会員登録はこちら
クレジットカード払いでのお申し込みは開催日の2ヶ月前からの受け付け開始となります。ご了承ください。

講座概要

日本のLGBT層の割合が7.6%との調査結果があることからすれば(電通ダイバーシティ・ラボ「LGBT調査2015」)、どの職場でも現実にLGBTの当事者が勤務している可能性があります。
 しかし、現状、職場のLGBTの問題について企業側の視点から対応策が示された指針等は皆無に等しく、多くの企業は潜在的なリスクに対応できていません。
 そこで、本講座では、企業側の視点から現時点で理解しておくべきLGBT への対応ポイントを解説します。

 

【本講座のポイント】

 

① LGBTに関する基本的事項、日本での現状等 
② 企業にとって、今すぐに対応が必要な喫緊の問題 
③ 今後問題となり得る採用、配転、トイレ等の人事上の諸問題の法的留意点

講座内容

発展講座群

 

『職場におけるLGBT の当事者への対応』【半日】 
~企業は何をする必要があり、何をしてはいけないのか~

 

<主な内容>

 

Ⅰ 職場におけるLGBTへの理解の必要性 
   1.性の多様性
   2.LGBTとは
   3.LGBTの割合等
   4.職場において当事者が抱える困難性
   5.対応をとらない場合のリスク
  
Ⅱ 法制化等の動向・現実化した法的紛争 
   1.現在までの動向
   2.性同一性障害者特例法
   3.渋谷区パートナーシップ条例
   4.自民党の基本的な考え方等
   5.現実化した法的紛争  


Ⅲ 今すぐ対応すべき喫緊の問題 
  1.セクシュアルハラスメント
  2.パワーハラスメント
  3.カミングアウトへの対応【アウティング問題】
  4.社内研修の重要性【盛り込む内容】

 
Ⅳ 想定される人事上の諸問題 
  1.基本的な考え方
  2.賃金の差異に関する問題
  3.福利厚生の差異に関する問題
  4.採用に関する問題
  5.解雇・退職勧奨に関する問題
  6.配転に関する問題
  7.海外赴任に関する問題
  8.服装に関する問題
  9.トイレ(更衣室)に関する問題
10.性別適合手術による欠勤に関する問題

 

※諸事情により開催を中止または延期させていただく場合があります
※上記表示価格はWEBからのお申し込みに適用される、受講者1名様ごとの特別価格です。
※FAXによるお申込みの場合、受講者1名様の受講料は以下のとおりです。
「労政時報」購読会員:労働法ナビ会員特別価格:14,040円, 
/一般参加:17,280円(いずれも税込)

 

 

 

お申込み・お問合わせ先

株式会社 労 務 行 政 カスタマーソリューション本部 セミナーグループ
TEL:03-3491-1330 FAX:03-3491-1332
〒141-0031 東京都品川区西五反田3-6-21

ページの先頭へ戻る

ログイン

ID(Email)
パスワード

ログイン

 

重要なお知らせ 購入特典